【今年は旅行に行きたい!】10代女子の気になる旅行事情を調査

更新日:2022年07月14日(木)

夏休みも近づき、旅行シーズンに入ります。

学生時代の思い出作りとして旅行を楽しみたいというティーンは今も昔も多いはずですが、昨今のコロナ情勢などの背景もありその旅行熱は高まってきているのでしょうか?

今のティーンの旅行事情を調査しました。

最後に都道府県をまたぐ旅行にいったのはいつですか?

最後に都道府県をまたぐ旅行にいったのはいつですか? 

都道府県をまたぐ旅行については、直近3ヶ月以内と回答したのが31%と最も多くを占め、GW期間などの大型連休で移動した10代女子が多かったと考えられます。

一方で、コロナ前から旅行に行っていない10代女子は29%と2番目に多くを占めており、都道府県をまたぐ旅行に積極的に行っている層と行っていない層が同程度の割合で別れていることが分かります。

あなたの現在の旅行への思いを教えてください。

あなたの現在の旅行への思いを教えてください。

次に旅行に対する思いを調査してみました。旅行に関心がある10代女子は92%を占めており、旅行意欲は高まっていることがわかります。

また、大学生より高校生の方が、旅行への思いが強く結果に現れており、これは昨今のコロナ禍によるイベントの中止や延期が影響していると考える事もできます。

旅行先の探し方・情報源は?

旅行先の探し方・情報源は?

そもそも、10代女子はどうやって旅行先を決めているのでしょうか?一般的には旅行雑誌や旅行サイトを駆使して探すことが多いとは思いますが彼女たちも一緒なのでしょうか?

結果としてInstagramを使って旅行先を探している10代女子が70%となりました。彼女たちにとって“旅行先を探す“という行為はフォローしている誰かの投稿やおすすめ欄で見つけることと考えられます。

次に「Google検索」(47%)「旅行雑誌」(29%)「家族に聞く」(26%)「YouTube」「友達に聞く」(25%)など幅広く情報収集をしており、意外にもYouTubeやTikTokのスコアが低い結果になりました。

また、SNSがメインかと思いきや、家族や友達のおすすめを聞くなど身近な人の口コミもしっかり聞いて探しているようです。SNSだけの情報を鵜呑みにせず、他に信頼できる情報を聞いて「思っていたのと違う」「そこに行ったら他に言っておくべき場所」など大人と同じように彼女たちもしっかりと事前に確認しているのかもしれません。

旅行先を探す際に使用している具体的なサービス名やアカウント名などを教えてください

具体的に10代女子がどうやって情報を収集しているのかを自由回答で集めてみました。Instagramでは「#大阪や#沖縄」などで直接気になった場所を検索し、そこのエリアのお店や観光スポットなど徐々に具体的な場所を絞り込んでいく10代女子が多いようです。

また、Webサービスでは下記3サービスが多く支持されているようでした。

  • じゃらん
  • 楽天トラベル
  • JTB

その他、少数派の探し方になりますが

  • YouTuber(Vlog系)を見て、Instagramでエリア検索
  • Instagramの#ハッシュタグで「ホテル検索」
  • グルメ系のSNSアカウントをフォローしておく

などが上がりました。

旅行は誰と行きたいですか?

旅行は誰と行きたいですか?

誰と旅行に行きたいのかも調査しました。最も多い相手は「家族」(63%)となり、続いて「友達」(59%)でした。

特に高校生は家族との旅行を希望している数71%とが大学生の約1.5倍の値となりました。

逆に大学生は友達と旅行をしたいと考えている人が57%で最も多い結果となりました。

旅行に行きたい理由は?

旅行に行きたい理由は?

旅行とは「思い出づくり」と考えるのは高校生・大学生ともに同じ認識のようです。

しかし「学生ならでは」をより意識しているのは高校生の方が高く44%が学生旅行を楽しみたいと思っているようです。

一方、大学生はどちらかというと「リラックス」したいと考えてるようです。

あなたにとって最も価値のある旅行はどんな旅行ですか。

あなたにとって最も価値のある旅行はどんな旅行ですか。

家族旅行や修学旅行・友達との宿泊旅行を大切にしたい10代女子が多い結果となりましたが、高校生と大学生の内訳に開きがありました。

まず、高校生が最も価値の高い旅行と思っているのは「修学旅行」となります。高校生活のビックイベントである修学旅行は。人生に1回しかないと考えており貴重な思い出となるため最も大切にしていると考えられます。

大学生では「家族旅行」「友達との宿泊旅行」が最も価値の高い旅行に挙げられています。家族や気の置けない仲間とだけで行く旅行の方がしっかりとリラックスできると考えていたり、自由であると考えているそうです。

まとめ

  • 県をまたぐ旅行をしているかどうかは、コロナ前と直近3ヶ月以内で2極化する結果となった
  • 10代女子の92%は旅行に行きたいと思っている
  • 旅行先は「インスタグラム」で探すが「Google検索」「身近な人の口コミ」も大事にしている
  • 高校生は家族旅行と修学旅行をしたい傾向が高い
  • 大学生は友人と宿泊旅行に行きたい傾向が高い

  • ダウンロード資料のご案内

    本記事でご紹介した記事データを一括でPDFでご覧になりたい方は、下記ボタンよりご請求ください。

ダウンロードはこちら

対象: 13-19歳のマイナビティーンズ会員
調査期間:2022.06.20-2022.07.03
調査方法:インターネット調査
回答数:203件(内訳:中学生6件、高校生127件、大学・専門学生65件、その他5件)

おすすめのお役立ち記事

他の記事も見る
F1層のコスメに関する消費傾向を調査!ブランドスイッチのきっかけやアイテム別の購入ポイント・金額感まで徹底解説

2024年04月18日(木)

F1層のコスメに関する消費傾向を調査!ブランドスイッチのきっかけやアイテム別の購入ポイント・金額感まで徹底解説

【2024年4月版】10代女子が選ぶインフルエンサーランキング

2024年04月10日(水)

【2024年4月版】10代女子が選ぶインフルエンサーランキング

共働き層が愛用する子育てアプリランキング 使用したきっかけやアプリに求める要素も調査!

2024年04月08日(月)

共働き層が愛用する子育てアプリランキング 使用したきっかけやアプリに求める要素も調査!

おすすめのお役立ち資料

他の資料も見る
SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新大学生編~

SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新大学生編~

SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新社会人編~

SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新社会人編~

大学生女子の「推し活」実態調査

大学生女子の「推し活」実態調査

おすすめのお役立ち動画

他の動画も見る
【Z世代コミュニティを活用した事例から見る】「共創」マーケティングでZ世代をファン化させる鍵とは?

【Z世代コミュニティを活用した事例から見る】「共創」マーケティングでZ世代をファン化させる鍵とは?

広告掲載やメディアに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
050-5443-2281

受付時間:平日10:00〜18:00(弊社所定の休業日を除く)