【10代女子に人気のファッション系統】人気ブランドや服選びのポイント、洋服代について調査!

更新日:2020年10月19日(月)

読者のみなさんの中には、雑誌やテレビ・インスタグラムなどを通して、若者のファッションを目にされる方もいらっしゃると思います。

では、今の10代女子に人気のファッションはどのようなものかご存知でしょうか?

今回は、彼女たちがふだんどんなジャンルの服を着ていて、どれくらいの費用をかけているのか。また、周りからどう見られたいと思っているかなど、洋服を選定する際の実態と意識について調査しました!

Q.よく着ているファッションの系統を教えてください

Q.よく着ているファッションの系統を教えてください

よく着ているファッションのジャンルをランキング順に解説していきます!

カジュアル 25%

カジュアル 25%

10代女子に最も好まれている系統は、「カジュアル系」でした。

理由としては、「ちょうどよいラフさが飾らない感じで良い」「大人っぽさの中にかわいさがある」などがあげられました。

また「着こなしやすさ」や「動きやすさ」に魅力を感じているといった意見も多数みられており、ビジュアル面だけではなく機能面においても「ちょうどよい」と感じられているのだと思います。

シンプル 19%

シンプル 19%

シンプル系は、「スッキリしていて、まとまり感がある」「シンプルこそオシャレ」といった理由で好まれている傾向にありました。

また「アイテムとあわせやすい」「どんなメイクにも合う」という意見も多くみられており、シンプルな服装・色見だからこそ『アイテムやメイクを活かすことができる』と感じられているようです。

フェミニン 10%

フェミニン 10%

フェミニン系が好まれている理由としては、「女性らしく(上品に)見える」「可愛すぎず綺麗めに見える」といった意見があげられており、どちらも『周囲の人からの目』に敏感なように思えます。

加えて、「体のラインが見えにくい(シルエットを隠せる)」という意見も多くみられました。

ナチュラル(ラテ系) 9%

ナチュラル(ラテ系) 9%

ナチュラル(ラテ)系は、「落ち着いてて大人っぽい」「柔らかい雰囲気」といった点が好まれており、共通して「オシャレ」という回答が最も見られました。

加えて、「写真映えしやすい」「カフェで映える」といった意見もあがりました。

ガーリー 9%

ガーリー 9%

ガーリー系は、「女の子らしいかわいさ(THE女の子)」「清楚な可愛さがある」「着ているだけで女の子らしくなれる」といった点があげられました。

また「男性受けがいいから」という声も多くみられており、フェミニン同様、周囲の目に対して敏感な傾向にあるようです。

モード 7%

モード 7%

モード系は、「大人っぽくてカッコイイ」「モノトーンでカッコイイ」などが多くあげられており、オシャレにカッコよさを求めている女子から好まれているようです。

ボーイッシュ 5%

ボーイッシュ 5%

ボーイッシュ系が好まれている理由としては、「動きやすい」「カッコイイ」といった点が非常に多くあげられており、「かわいい服装が苦手」という人から支持されているようです。

【画像付き】その他の系統

【画像付き】その他の系統

Q.他人からどのような印象を持たれたいですか?

Q.他人からどのような印象を持たれたいですか?

他人から持たれたい印象のは「自分にあっている」が56%で最も高く、次点で「おしゃれ」が続く結果となりました。

SNSでも上手くセルフブランディング(自己表現)を行っているティーン世代だからこそ、「自分らしさ」をきちんと表現できているように思われたいと考えている人が多いようです。

また高校生の場合は、ほとんどの時間を制服という決まった服装で過ごしているため、私服の時にこそ、より自分らしさを表現したいと考えているようにも思えます。

一方で、大学・専門学生は高校生と異なり「清潔感がある」が最も高い要素となりました。自分らしさよりも、清潔感があるように思われたいという思いが強い大学・専門学生の方が、異性からの目を気にしているのかもしれません。

Q.1年間に使う洋服代を教えてください

Q.1年間に使う洋服代を教えてください

10代女子の平均使用金額は、「30,505円」であり、層別に見ると、高校生は「29,502円」、大学・専門学生は「34,162円」となりました。それぞれの特徴が出ている点として、高校生は「1万円未満」の方が高く、大学・専門学生は「3〜4万円未満」の割合が高校生に比べて高い結果となっています。

総評

10代女子に人気のジャンルTOP3は「カジュアル系」「シンプル系」「フェミニン系」でした。

今回、各ジャンルが好まれているポイントをご紹介してきましたが、いまの10代女子は「自分らしさを表現できている」と思われたい気持ちが非常に強いことがわかりました。

  • ダウンロード資料のご案内

    ダウンロード資料では、本記事では紹介しきれなかった、洋服の購入場所/よく購入するブランド/洋服を選ぶ際の重視点/ファッションに関する情報源などもご紹介しております。ぜひご覧ください。

ダウンロードはこちら

【調査概要】
対象: 13-19歳のマイナビティーンズ会員
調査期間:2020.09.16-2020.09.28
調査方法:インターネット調査
回答数:277件(内訳:中学生13件、高校生201件、大学生60件、フリーターなど3件)

おすすめのお役立ち記事

他の記事も見る
10代女子のファッションに関する消費傾向を調査! 人気な服の系統からよく購入するブランド、購入場所まで解説

2024年05月30日(木)

10代女子のファッションに関する消費傾向を調査! 人気な服の系統からよく購入するブランド、購入場所まで解説

Z世代社会人の読書習慣とは?紙派or電子派、好きなジャンルや購入するきっかけまで徹底調査

2024年05月23日(木)

Z世代社会人の読書習慣とは?紙派or電子派、好きなジャンルや購入するきっかけまで徹底調査

共働き子育て層の家族旅行について調査! 計画時期や重視していること、予算など詳しく解説

2024年05月16日(木)

共働き子育て層の家族旅行について調査! 計画時期や重視していること、予算など詳しく解説

おすすめのお役立ち資料

他の資料も見る
SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新大学生編~

SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新大学生編~

SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新社会人編~

SNS上での情報収集と広告に対する感じ方 ~新社会人編~

大学生女子の「推し活」実態調査

大学生女子の「推し活」実態調査

おすすめのお役立ち動画

他の動画も見る
【Z世代コミュニティを活用した事例から見る】「共創」マーケティングでZ世代をファン化させる鍵とは?

【Z世代コミュニティを活用した事例から見る】「共創」マーケティングでZ世代をファン化させる鍵とは?

広告掲載やメディアに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
050-5443-2281

受付時間:平日10:00〜18:00(弊社所定の休業日を除く)