働く女子のスイッチ消費

働く女子のスイッチ消費

大学生の消費実態調査

大学生の“今”が分かる!最近購入した物や、有意義と感じているモノ・コトなどをアンケート調査!
親に何かを買ってもらう際の基準や、購入のきっかけなど、定性調査の結果も盛り込みながら解説します。
大学生へのプロモーションのヒントとして、ぜひご覧ください。

コロナ禍で変化したZ世代の特徴とプロモーションのポイント ~エンタメ編・旅行編~

AfterコロナにおけるZ世代のエンタメ・旅行に関する動向を、マーケターが解説!
彼らが求めるエンタメの傾向や使用する金額、旅行に求めるキーワード・情報収集している彼らに有効なアプローチ方法など、アンケート結果を交えて紹介いたします。
Afterコロナでのプロモーションのヒントとして、ぜひご覧ください。

卒業旅行の実態を調査!男女で異なるSNSの使い方、平均予算や誰と行くかまでを徹底解説

コロナ禍を経て、円安や世界情勢への不安がよぎる今、大学生はどんな卒業旅行を計画するのでしょうか。そこで今回は、18~23歳の現役大学生307名を対象に、卒業旅行についてのアンケート調査を実施しました。予算や旅行に行く相手、情報収集方法などあらゆる観点から卒業旅行の実態について詳しく解説します。

現在の卒業旅行の実態は?回数や行く相手、予算のボリュームゾーンを調査

Q. 卒業旅行を検討しているか教えてください。


Q. 卒業旅行を検討しているか教えてください。

(n=307 内訳:【男性】n=149、【女性】n=158)

Q. 卒業旅行はいつ頃行く予定ですか?


Q. 卒業旅行はいつ頃行く予定ですか?

(n=307)

まず大学生が卒業旅行をいくつ検討しているかについて調査したところ、「1回」検討していると回答した方が56.7%という結果になりました。検討している時期は「2月」と「3月」がボリュームゾーンとなり、卒業間近の休みを利用して旅行に行く学生が今も多いことが分かります。

また男女別に見てみると、女性の場合は「2回」「3回」の回答も一定数あり一緒に行く相手や行き先を変えて何回か卒業旅行を計画している方も多いようです。

Q. 卒業旅行は誰と行きますか?


Q. 卒業旅行は誰と行きますか?

(n=307 内訳:【男性】n=149、【女性】n=158)

卒業旅行に一緒に行く相手については、「大学の友人」が男女合わせて、82.7%と圧倒的多数となりました。
こちら男女別の回答を細かく見てみると、男性の場合は「大学の友人(男性)」73.2%と最も高く、次いで「大学の友人(女性)」23.5%とこちらも一定数の回答があります。一方で女性の場合は「大学の友人(女性)」63.3%、「大学の友人(男性)」6.3%と差が大きく、同性のみで検討している方が多いようです。

また女性は家族の中では「母」と回答した方が17.1%と多い結果となりました。

Q. 卒業旅行は何人で行くか教えてください。

Q. 卒業旅行は何人で行くか教えてください。

(n=307 内訳:【男性】n=149、【女性】n=158)

卒業旅行に行く人数については、「2人」「4人」の回答が多い結果となりました。
こちらも男女別に見ていくと、男性は「4人」が32.2%で最多、また「6人以上」の大人数も女性に比べて回答率が高くなっています。一方で、女性は「2人」が45.6%で最多となり、少人数を好む傾向にあるようです。

前設問の結果と合わせて考察すると、男性の場合は4人以上の男性同士または、男女混合のメンバーで計画を立てる方が多いと想定する一方で、女性の場合は、仲のいい女性同士2人組や母と娘の2人旅のケースが多いと考えられます。

Q. 卒業旅行の一人あたりの予算を教えてください。


Q. 卒業旅行の一人あたりの予算を教えてください。

(n=307)

続いて一人あたりの予算については、「5万円以上10万円未満」が32.9%で最多となりました。
以前の『大学生の夏のお出かけに関する調査』の時には「1万円~5万円」がボリュームゾーンになっていたのに対して、卒業旅行では「3万円~10万円」がボリュームゾーンとなり、相場が高くなっています。通常のお出かけに比べて、大学生は卒業旅行を特別重視しており、その分費用もいつも以上に費やしたいと考えていることが分かります。

 

\さらに調査!卒業旅行の平均日数や移動手段についても男女別で異なる結果に!/

調査資料ダウンロードはこちら

 

国内派 or 海外派?卒業旅行に人気のエリアを発表!

Q. 卒業旅行の行き先エリアはどこですか?(国内/海外)


Q. 卒業旅行の行き先エリアはどこですか?(国内/海外)

(n=307 内訳:【男性】n=149、【女性】n=158)

では、実際に予定している卒業旅行の行き先はどこなのでしょうか。国内・海外の選択肢では、70%以上が「国内」と回答しています。
しかし、男女別に注目してみると、男性は81.9%が「国内」と圧倒的に多いのに対して、女性は「国内」59.5%、「海外」40.5%と分かれる結果となりました。

Q. 卒業旅行の行き先エリアはどこですか?(国内)

Q. 卒業旅行の行き先エリアはどこですか?(国内)

※「国内」を回答した方 (n=216 内訳:【男性】n=122、【女性】n=94)

続いてエリアに関して調査すると、「国内」と回答した方の中で、1番人気のエリアが「北海道」2番目が「近畿」となりました。また男性の場合は「沖縄」「東北」、女性の場合は「首都圏」のエリアも一定数を集めています。

Q. 卒業旅行の行き先エリアはどこですか?(海外)

Q. 卒業旅行の行き先エリアはどこですか?(海外)

※「海外」を回答した方 (n=91 内訳:【男性】n=27、【女性】n=64)

また「海外」と回答した方の中では、「ヨーロッパ」「韓国」が同率で一番人気となりました。特に「韓国」は女性の回答率が高く、近年のK-POPブームと相まって、人気のエリアとなっているようです。

 

\もっと深掘り!卒業旅行先の選び方とは?理由から大学生の傾向を分析!/

調査資料ダウンロードはこちら

 

国内派に調査!海外旅行は検討していた?現在の海外需要を深掘り

Q. 卒業旅行の行き先に海外は検討していましたか?


Q. 卒業旅行の行き先に海外は検討していましたか?

※「国内」を回答した方 (n=216 内訳:【男性】n=122、【女性】n=94)

また「国内」の旅行を検討している方に、海外は検討していたかという質問に対しては、男女ともに半数近くが「元々検討していない」という結果となりました。日程を合わせる上でも国内旅行の方が調整しやすく、グループ旅行を検討している方が多い卒業旅行においては、純粋に国内人気が高いようです。

一方で検討していたがやめた理由としては、1位「金額の問題」、2位「情勢の問題」となりました。ここ数年続く、円安の経済状況を反映した結果とも言えそうです。

 

\もっと深掘り!本当は行きたかった海外旅行先は・・・?理想と現実の差を調査!/

調査資料ダウンロードはこちら

 

卒業旅行先の目的や計画を立てる順番を調査!卒業旅行に求めるポイントが浮き彫りに

Q. 卒業旅行先で行う予定のものを教えてください


Q. 卒業旅行先で行う予定のものを教えてください

(n=307 内訳:【男性】n=149、【女性】n=158)

卒業旅行先での予定について聞いたところ、全体では「カフェ・グルメ巡り」が最も多く、50%近い回答率となりました。
2位は男性は「温泉」、女性は「ショッピング」と男女で異なる結果となりました。さらに男性の場合は「ドライブ」の回答が女性に比べて、一定数を集めています。

Q. 卒業旅行で最も重視していることは何ですか?


Q. 卒業旅行で最も重視していることは何ですか?

(n=307 内訳:【男性】n=149、【女性】n=158)

卒業旅行で最も重視していることは、「友人や家族との時間の共有」が最多、次いで「観光スポット」となりました。
【Q.卒業旅行は誰と行きますか?】の質問で「大学の友人」の回答率が高かったことからも、卒業前のタイミングで大学の友人と思い出を残したいという思いが強いことが読み取れます。
男女別の結果では、男性は「アクティビティ」、女性は「写真映え」の回答も一定数を集めています。

 

\もっと深掘り!卒業旅行に求めるキーワードとは?重視しているポイントと合わせて傾向を解説/

調査資料ダウンロードはこちら

 

Q. 卒業旅行の計画はいつ頃から立て始めましたか?


Q. 卒業旅行の計画はいつ頃から立て始めましたか?

(n=307)

卒業旅行の計画については、『行先』『行く相手』は「3ヶ月前」、『日程』『宿泊先』は「1~2ヶ月前」、『持ち物の準備』は「2~3週間前」がそれぞれボリュームゾーンとなりました。なかでも『行く相手』に関しては、「1年以上前」の回答も多く、卒業旅行の場合は前々から一緒に行こうと話していることが多いと推測されます。

大学生の旅行の計画は『行く相手』→ 『行先』 → 『日程』 → 『宿泊先』  → 『持ち物の準備』の順が多数派のようです。

 

\さらに調査!予算や食事などの計画時期も明らかに/

調査資料ダウンロードはこちら

 

卒業旅行の情報収集方法は?調べる内容に応じて変化あり?

Q. 卒業旅行の情報は一番なにで調べますか?


Q. 卒業旅行の情報は一番なにで調べますか?

(n=307)

卒業旅行の情報源についても調査しました。すべての項目で「Instagram」が上位となっていて、大学生が旅行に関して調べる際にマストのSNSと言えます。各項目別に注目してみると、『宿泊先』は「まとめサイト」「ニュースサイト・ウェブメディア」「企業や団体の公式ホームページ」、『旅行の持ち物』は「まとめサイト」が「Instagram」よりも高い回答率となりました。ビジュアルだけでは伝わらない、比較内容や実録などは記事を通して情報を収集している方が多いようです。

Q. 情報収集をする際に信用しているコンテンツをすべて教えてください。


Q. 情報収集をする際に信用しているコンテンツをすべて教えてください。

(n=307 内訳:【男性】n=149、【女性】n=158)

さらに情報収集する際のコンテンツに関しても調査すると、1位「インフルエンサー・有名人の投稿」35.8%、2位「一般人の投稿」32.3%となりました。また男女別に見てみると、男性は「企業の公式アカウントの投稿」が回答率が高い、一方で女性の場合は「実体験レポート(動画)」が一定数を集めています。男性のほうが公式や有名人の投稿など“周知されているコンテンツ”を参考にしているのに対して、女性は一般人や実体験レポートなど、“より身近でリアルな内容”を参考にする傾向があると言えます。

まとめ

  • 卒業旅行の時期は、「2月」や「3月」が圧倒的に多く、女性の場合は「2回」以上検討している方も多い
  • 卒業旅行に一緒に行く相手は「大学の友人」が最多、人数は「2~4人」がボリュームゾーン
    └【男性】4人以上の男性グループや男女混合メンバー
    └【女性】女性2人組や母と娘の2人旅
  • 卒業旅行の一人あたりの予算は、「5万円以上10万円未満」が多数派
  • 卒業旅行の行き先は国内派が70.3%、特に男性の割合が多い
    └【国内】人気エリア:「北海道」、「近畿地方」
    └【海外】人気エリア:「ヨーロッパ」「韓国」
  • 卒業旅行先の目的は「カフェ・グルメ巡り」が多数派、最も重視していることは「友人や家屋との時間の共有」
  • 卒業旅行の情報収集は「Instagram」が主流で、信用しているコンテンツは「インフルエンサー・有名人の投稿」が最多

ダウンロード資料のご案内

ダウンロード資料では、本記事では紹介しきれなかった、人気の卒業旅行場所や卒業旅行の手配方法についてもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。下記ボタンよりご請求いただけます。

調査資料ダウンロードはこちら

マイナビ学生の窓口とは?

「一歩踏み出せば世界が変わる。学生のはじめの一歩を応援したい。」学生にきっかけを届けるWEBメディア

大学進学を検討している高校生~大学生に向けて情報を届けるメディアです。マイナビグループが展開するサービスを横断した精度の高い会員データを活用し、様々なテクノロジーやデータを組み合わせることで、ユーザー・広告主の皆様に最適で最良なコミュニケーションを提供します。

マイナビ学生の窓口の詳細はこちら

 

  • 調査対象

    18~23歳/未婚/子どもなし/大学生/卒業旅行を1回以上検討していると回答した方

  • 有効回答数

    307件

  • 調査時期

    2023年11月13日~2023年11月14日

  • 方法

    インターネット調査

都内大学生の夏のお出かけ意欲を調査!コロナ禍明けの夏休みで変化するキーワードや消費傾向とは?

コロナ禍が明けたことにより、年代や世代を問わず今年の夏は4年ぶりに、お出かけや旅行・レジャーを計画している方が多いと思われます。そこで今回は、都内の大学生301人を対象に、「夏休みの過ごし方」についてのアンケート調査を行いました。お出かけに対する意欲や、誰とどこに出かけるか、準備のための消費傾向などから大学生のリアルな行動を紐解いていきます。

夏休みを迎えるにあたってのレジャー・遠出意欲は?大学生のリアルなお出かけ日数や予算感を調査。

今年の夏休みの過ごし方についてお伺いします。今年の夏休みのおでかけについて、あなたの考えに近いものを教えてください。

今年の夏休みの過ごし方についてお伺いします。今年の夏休みのおでかけについて、あなたの考えに近いものを教えてください。

(n=301)

今年の夏休みのお出かけ意欲について調査したところ、「去年よりたくさんお出かけしたい」が55.9%、「去年と同じくらいお出かけしたい」が18.6%となりました。コロナ禍が収まり、お出かけ意欲が高まっていることがわかります。

夏休みのお出かけには何泊を予定していますか?

夏休みのお出かけには何泊を予定していますか?

(n=301)

夏休みのお出かけの日数を尋ねると、「2泊」が35.2%と1番多い回答となり、「3泊」と合わせると約半数が普段の休日よりも少し長めの旅行を検討しているようです。また「日帰り」、「1泊」の回答も多く、ちょっとしたお出かけをこまめにしたいと考える人もいることが分かります。

また「4泊」と同率で「10泊以上」が4.2%と上がっているところにも注目です。夏休みが2ヶ月近くある大学生ならではの特徴といえるでしょう。海外旅行への意識も高まっているようです。

お出かけ全体の予算はいくらですか?(交通費・食費等含む)

お出かけ全体の予算はいくらですか?(交通費・食費等含む)

(n=301)

予算については、「3万円以上5万円以下」が29.8%、「1万円以上3万円未満」が25.2%となりました。こちらはお出かけの日数とも連動した結果といえるかもしれません。「10万円以上」と回答した方も9.9%いるので、海外旅行や長期旅行を計画している方も1割近くいるようです。

交通手段は主に何を使っていく予定ですか?

交通手段は主に何を使っていく予定ですか?

(n=301)

お出かけ先への主要な交通手段については、「電車」が36.1%、次いで「飛行機」が18.2%、「新幹線」が14.9%となりました。

2023年2月に実施したゴールデンウイークのお出かけについての調査結果(※1)では、「電車」44.9%、「自家用車」が16.4%、「新幹線」「飛行機」が11.5%でした。
今回は、ゴールデンウィークの時よりも「飛行機」と「新幹線」の順位が上がっており、夏のお出かけでは海外旅行や国内でも遠出の旅行を検討していることがうかがえます 。

夏休みのレジャー計画ランキング編。お出かけ先の2位は海やビーチ、マリンアクティビティ、1位は・・・

夏休みのお出かけでは、何をする予定ですか?

夏休みのお出かけでは、何をする予定ですか?

(n=301)

夏休みのお出かけについて、具体的な予定を聞いたところ、1位が「テーマパーク」で42.5%、2位が「海やビーチ、マリンアクティビティ」で41.5%、3位が「温泉・リラクゼーション施設」38.9%となりました。4位の「花火大会」も31.7%と、3位に迫る人気です。

海やビーチ、マリンアクティビティ、花火大会など、「夏ならでは」の体験が人気をみせたほか、テーマパークや温泉・リラクゼーション施設など、友達や家族、恋人と予定を合わせやすい夏休みだからこそ行きたい、「ちょっとした遠出」の予定が支持を集めました。

誰と行く予定ですか?

誰と行く予定ですか?

※お出かけ先に2人以上で行くと答えた方 (n=268)

誰と行くかについては、「同性の友人(大学の友人・大学以外の友人の合計)」が男性は64.4%、女性は70.1%とそれぞれ1位でした。

全体でみると「家族(父・母・祖父・祖母・従兄弟・従姉妹・兄弟・姉妹の合計)」が58.7%と半数以上を占めました。男女問わず友人や恋人だけでなく、家族旅行にも積極的に出かけるのは、Z世代の特徴のひとつと言えそうです。

夏のお出かけに求めるキーワードを最大3つ教えてください。

夏のお出かけに求めるキーワードを最大3つ教えてください。

(n=301)

夏のお出かけに求めるキーワードを尋ねたところ、1位「思い出づくり」44.9%、2位「みんなでワイワイ」25.3%、3位「癒し」22.9%となりました。特に現役の大学生たちは、新入生の頃や高校時代からコロナにより行動制限の多かった世代です。思い出作りをしたい、夏を満喫したい気持ちが調査結果から読み取れます。

2023年2月に実施したゴールデンウィークのお出かけについての調査結果(※1)では、1位「思い出づくり」38.7%、2位「食事」31.5%、3位「癒し」26.2%という結果で、「みんなでワイワイ」は5位の17.7%にとどまりました。アンケート実施時は新型コロナウイルスが感染症法上の5類に変更される前だったこともあり、ゴールデンウィークの時にはまだ抑えめだった「みんなでワイワイしたい!」というムードが、今回の夏休みの予定を検討するタイミングで盛り上がってきたと言えそうです。

お出かけの情報収集は1位「SNS」。活用方法に差が出る男女別の特徴とは?

お出かけの情報収集をする方法をすべて教えてください。

お出かけの情報収集をする方法をすべて教えてください。

(n=301)

お出かけの情報収集をする方法について聞いたところ、「SNS」が68.5%、次いで「テレビ」が33.4%、「まとめサイト」が23.8%となりました。

SNSで情報収集していると回答した方にお聞きします。情報収集しているものをすべて教えてください。

SNSで情報収集していると回答した方にお聞きします。情報収集しているものをすべて教えてください。

※SNSで情報収集していると回答した方 (n=206 内訳:【男性】n=89、【女性】n=117)

“お出かけ情報を調べる時はまずSNSから”が現役大学生の多数派のようですが、SNSの使い方では男女で違いがみられました。

男性はTwitter(一般人の投稿)」、「YouTube(インフルエンサー・有名人の投稿)」「Instagram(インフルエンサー・有名人の投稿)」、の順に支持されており、SNSの中ではTwitterを最も活用していることが多いようです。
一方で女性はInstagram(一般人の投稿)」、「Instagram(インフルエンサー・有名人の投稿)」、「Twitter(一般人の投稿)」とInstagramを活用している率が群を抜いて多いことが分かります。

“男性は文字情報でまとめられたTwitterを駆使し、女性はInstagramで写真を手がかりに検索する”といった行動の違いがありそうです。

夏のお出かけのために準備するものは「日焼け対策用品」が1位。さらにZ世代ならではの結果とは?

夏のお出かけのために、これから購入したいものはありますか?

夏のお出かけのために、これから購入したいものはありますか?

(n=301)

夏のお出かけのためにこれから購入したいものについては、「日焼け対策用品」が34.9%で1位となりました。次いで、「サンダル」19.9%、「水着・ラッシュガード」17.3%となりました。夏ならではのファッションアイテムは、お出かけをきっかけに買い替える・買い足す方が多いようです。

またZ世代らしい回答として、「お揃いやシミラーコーデのための衣服」が14.6%となりました。夏の思い出づくりをより盛り上げるために、お揃いやシミラーコーデを事前に計画している方もいるようです。

まとめ

  • 今年の夏休みのお出かけ意欲は「去年よりたくさんお出かけしたい」が55.9%
  • 一緒にお出かけする人は「同性の友人」、「家族」
  • お出かけに求めるキーワードは「思い出づくり」や「みんなでワイワイ」
  • 情報収集方法は「SNS」が68.5%と多数派
  • 男性はTwitterを、女性はInstagramを活用している

ダウンロード資料のご案内

ダウンロード資料では、本記事では紹介しきれなかった『実際にお出かけを検討している場所』や『お出かけのための商品購入時期や方法』などの項目についてもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。下記ボタンよりご請求いただけます。

調査資料ダウンロードはこちら

  • 調査対象

    18~23歳/東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県在住/未婚/子どもなし/大学生/今年の夏にお出かけを検討していると回答した方
     

  • 有効回答数

    301件(男性:150件、女性:151件)

  • 調査時期

    2023年5月23日~2023年5月25日

  • 方法

    インターネット調査

(※1)ゴールデンウイークのお出かけについての調査結果
対象者:未婚/子どもなし/大学生
回答数: 305件
調査期間:2023年2月
調査方法:インターネット調査

Z世代の特徴とは?価値観・購買行動をアンケートから徹底分析!

Z世代の価値観・購買行動をアンケート調査!Z世代はどんな商品・サービスにお金を払う?美容・旅行・ファッション・飲酒・エンタメの購買行動から、仕事・結婚・SDGsに対する価値観まで、広報・マーケティングに役立つZ世代の特徴をまとめました。
Z世代のインサイト丸わかり!WEBセミナー」にて、ご参加者様からいただいたご質問を元に、調査・考察しています。

  • 調査対象

    男女/20~25歳/埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県在住

  • 有効回答数

    312件

  • 調査時期

    2021年2月25日~2021年2月26日

  • 調査方法

    インターネット調査

Z世代の購買行動 ~美容・旅行・ファッション・飲酒・エンタメ~

可処分所得の低いZ世代は、価格に敏感で、安価なモノを購入する?

Z世代は、価格の安さを重視するのではなく、“実際の便益に対するコスパ”で判断します。
価格が高くても、質に対して納得し、価値を感じさせることができたら、購買意欲をアップさせることが可能です。
また、高価格なモノを購入する際、まだお金に余裕のないZ世代ユーザーは、多ジャンルで消費していた資金を目的のモノに回す、という行動も見られます。(「高価な化粧品を購入するため友達との外食回数を減らす」など)
マーケティング戦略を立てる際は、ソースオブビジネス(自社商材を買ってもらうための原資、収益源)について、ユーザーのライフスタイル全体を考慮し、これまでより広げて考える必要があるかもしれません。

スキンケア・コスメを購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

スキンケア・コスメを購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

衣類・小物を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

衣類・小物を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

食品・飲料を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

食品・飲料を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

インテリア用品・家具・家電を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

インテリア用品・家具・家電を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

サービス・旅行を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

サービス・旅行を購入する際、あなたの行動に近いものをお選びください。

※四捨五入の関係でちょうど100%にならないことがあります。

商品・サービスジャンルによって割合は異なるものの、「質に対する価格の安さを重視する」という回答が最も多くなりました。

Z世代が高額なモノに対し求めるものは?ハイブランドや高級なサービスの購入意向はある?

Z世代のステータス消費は大きくありません。“自分へのご褒美”に関しても、頑張った分だけ正当な評価が欲しいとは思っていますが、ハイブランドのアイテム購入には繋がりづらいのが特徴です。
Z世代の購買行動を捉えるキーワードは、「エクスペリエンス消費」。Z世代は、エンタメ性のある体験ができるもの・結果を得られる(実便益のある)ものに対してお金を払います。
また、購入対象を手に入れるだけではなく、“購入する際のステキな体験”を求めます。
“ステキな体験”とは、エンタメ性のある接客を受けたり、訪れるたびにスタッフから新しい情報や知識を得たりできることです。

将来、自分自身で購入したいと思っている憧れのものはありますか? 例)高級車、ジュエリー、バッグ、時計、家など

将来、自分自身で購入したいと思っている憧れのものはありますか? 例)高級車、ジュエリー、バッグ、時計、家など

将来、自分自身で購入したいと思っている憧れのものがあると回答したZ世代は、半数以下となりました。
また、憧れのものがあると回答した方に、具体的なものを聞くと、「家」という回答が多く集まりました。
ステータスとしての「家」ではなく、「家」という空間を購入し、家族と過ごす時間・体験を大切にしたいという、エクスペリエンス消費の表れと言えるでしょう。

Z世代が旅行に求めるもの・出かけるきっかけは?

Z世代の旅行の目的は、主に二つあります。
一つ目は、「あの風景を見たい」「あの料理を食べたい」など、地域ならではの体験がしたいとき。
二つ目は、行き先に関わらず、家族や友人などと時間を共に過ごしたいとき。
前者については、家にいてもさまざまな情報や商品を手に入れることができる時代になり、そこに行かないと見られない風景・食べられないものが少なくなってきています。
そのため、旅行のプロモーションについては、スポット自体の魅力をアピールするよりも、「その場所で誰とどういう時間を過ごせるか」「共に体験することで何を得られるか」を訴求するのが有効でしょう。

旅行の一番の目的はなんですか?

旅行の一番の目的はなんですか?

Z世代の旅行の一番の目的は、「旅行先で名所を巡ったり、食事をしたりすること」「家族や友人、恋人などと時間を共に過ごすこと」という回答が多くなりました。

Z世代はどこでファッションアイテムを購入する?

Z世代は、ファッションアイテムを「好きなブランド」ではなく、「欲しいアイテム」から探します。
そのため、必ずしも、特定ブランドが入っている百貨店や路面店で買う必要がありません。また、ネットリテラシーが高くECサイトも上手に利用できます。
Z世代は、ファッションアイテムを「どこの場所・ブランドで買うか」が決まっておらず、「何を買うか」に軸を置き、それに合わせて最適な購入場所を選択する世代です。

ファッションアイテムを購入するとき、次のどちらから探すほうが多いですか?

ファッションアイテムを購入するとき、次のどちらから探すほうが多いですか?

約7割のZ世代が、ファッションアイテムを「好きなブランド」ではなく、「欲しいアイテム(例:トップス)」から探すと回答しました。

アルコール離れが進むZ世代に、お酒への興味喚起はできる?

「アルコール離れ」と言われていますが、若者が飲酒そのものやお酒の場を拒絶したり、お酒への興味を完全に失ったりしているわけではありません。
“気の合う人たちと・好きなタイミングで・好きな種類を・好きな量だけ飲む”という意識に変わってきているのです。

Z世代へのお酒の訴求は、「お酒を飲む時間の楽しさ・有意義さ(エクスペリエンス消費)」を、シーンごとに訴求する方法が良いでしょう。
例えば、コロナ禍がきっかけで家飲みが増えている現在であれば、「動画配信サービス〇〇でいまオススメの映画は△△!この作品を見るならこのお酒とおつまみ!」など、商品そのものではなく、お酒を飲む時間の過ごし方を丸ごと提案する方法です。
また、誰と一緒に飲むか・どんな気分の時に飲むか、などのシーンと、商品をマッチングする診断テストなども、情報にエンタメ性があって受け入れられやすいでしょう。

アルコール飲料をどのぐらいの頻度で飲みますか?

アルコール飲料をどのぐらいの頻度で飲みますか?

アルコール飲料を飲むのは誰と一緒にいるときが多いですか?(複数回答)

アルコール飲料を飲むのは誰と一緒にいるときが多いですか?(複数回答)

アルコール飲料を「飲まない」と回答したZ世代は、約3割にとどまりました。
また、半数以上の方が、アルコール飲料を飲むのは「友人」と一緒にいるときが多いと回答しました。

Z世代はエンターテインメントにお金をかける?どんな作品・どんなきっかけが若者世代の財布を動かす?

Z世代は、体験・経験にお金を払うので、エンターテインメントにお金をかけることに抵抗はありません。
また、学生の頃から、音楽や動画のサブスクリプションサービスにお金を使うようになった世代でもあります。

エンタメ作品に触れる機会が多くなったため、「元々そのジャンルが好きだからハマる」というだけではなく、「たまたま見てみたらハマった」という場合もあるようです。
そのため、お金をかける作品や、ハマるきっかけは、個人によって異なり多岐にわたります。
コロナ禍のステイホーム期間に、何らかのエンタメにハマり、“推し”ができた人も少なくないでしょう。“推しへの愛が消費を動かす”ことはよく知られているとおりです。
※オタク消費については、「オタク消費の実態調査!沼女子インタビュー」をご覧ください。

同じ映画やドラマの話数を2回以上見たり、同じコンサートや舞台に2回以上行ったりしたことがありますか?

同じ映画やドラマの話数を2回以上見たり、同じコンサートや舞台に2回以上行ったりしたことがありますか?

半数以上のZ世代が、同じエンタメ作品を2回以上見たことがあると回答しました。
作品は、アニメから、ドラマ、ライブ・コンサート、舞台まで、多岐にわたりました。

Z世代の価値観 ~仕事・結婚・社会問題~

Z世代の仕事・働くことに対する考え方は?

Z世代のインサイト丸わかり!WEBセミナー」でもトピックに挙げましたが、Z世代は「地に足のついた持続可能な幸せ」を求めます。
Z世代は、親世代がリーマンショックの影響を受ける姿を見てきた世代であり、雇用不安を身近に感じてきた世代です。
そのため、日常生活が持続可能であることに幸せを感じ、遠い憧れを追わない傾向があります。
また、独立志向ではなく安定志向が強く、プライベートと両立可能な働き方を求めています。

働くことの目的について、あなたの考えに当てはまるものをお選びください。(複数回答)

働くことの目的について、あなたの考えに当てはまるものをお選びください。(複数回答)

仕事に望むものについて、あなたの考えに当てはまるものをお選びください。(複数回答)

仕事に望むものについて、あなたの考えに当てはまるものをお選びください。(複数回答)

ご自身で起業したいと思ったことはありますか?

ご自身で起業したいと思ったことはありますか?

Z世代の約7割が、働くことの目的を「生活に必要なお金を得るため」と回答しました。
望んでいるのは「収入が安定している仕事」「自分にとって楽しい仕事」であり、起業したいと思ったことがあるZ世代は4割以下にとどまりました。

Z世代は、結婚についてどう思っている?

昨今、SNSやWebメディアにて、レポ漫画の形でさまざまな結婚のスタイルが語られるようになりました。
結婚生活の多様性が伝えられる中で、結婚という形を取らなくても充実させられることが多いことが分かり、「必ず結婚したい」という人は減ってきているように思います。
ライフスタイルの多様性が認められるいまの時代には、結婚する・しないを気負うことなく選択するのかもしれません。

結婚願望について教えてください。

結婚願望について教えてください。

約1割のZ世代が「結婚したくない」と回答し、約2割が「結婚しなくてもいい」と回答しました。

Z世代の消費行動におけるSDGsへの本音は?

Z世代は、社会問題へ取り組みたいと思いながらも、それを日常の消費行動にはまだまだ反映させられていません。
「SDGsは理解した。それで、私たちは何をすればいいの?私たちができるタスクに落とし込んでほしい。教えてほしい」というのが本音です。
また、経済的にまだまだゆとりがないZ世代は、“環境に良い”だけでは価格が上がるものを購入しません。
「おしゃれで、地球環境にも良い」「美味しくて、地産地消にもつながる」など、個人の購入理由が先立ち、+αでSDGs視点が入ります。

Z世代のなかでも「SDGsを意識して行動している」層に関しては、商品購入の際、また、就職活動・転職活動の際に企業を判断するときの選択軸になってきています。
求職者に向けた企業ブランディングは、良い人材確保のため必須となっていくでしょう。

SDGsに関して教えてください。

SDGsに関して教えてください。

SDGsで意識していることを具体的に教えてください。(複数回答)

SDGsで意識していることを具体的に教えてください。(複数回答)

SDGsに関して、約65%のZ世代が「SDGsを理解している」と回答したものの、「意識して行動している」と回答したのは20%以下にとどまりました。
SDGsを意識して行動している方は、半数以上が「商品を購入する際、SDGsを意識した商品かどうかが選択基準の一つとなっている」と回答しました。

Z世代が大切にしているモーメント

Z世代は、ステータスより感情が動く瞬間を大切にします。
彼らの消費行動を捉えるキーワードは、「ステータス消費」ではなく、「エクスペリエンス消費」。
人に羨まれる「モノ」を手に入れるよりも、大切な人と過ごす心地よい「時間」に重きを置くのです。「そこでしかできない体験」「これまでにしたことがない体験」に非常に価値を感じます。
Z世代を惹きつけるには、エンタメ性のある時間を提案することがポイントとなるでしょう。

マイナビニュースでは、Z世代をターゲットとした「Z世代特集」を展開しています。
Z世代をターゲットとしたプロモーションは、マイナビニュースまでお気軽にご相談ください!

特集資料のご案内はこちら

アフターコロナの消費行動予測

アフターコロナ(新型コロナウイルス収束後)の暮らしはどうなるのでしょうか?消費行動をアンケート調査から予測!Z世代・ミレニアル世代(20~34歳)の働く未婚男女を対象に、デジタル機器/キャッシュレス/資産運用/出前・宅配・テイクアウト/旅行/VOD/化粧品の消費傾向を調査しました。

  • 調査対象

    20~34歳/全国/未婚/子どもなし/正社員、公務員・団体職員
    (a)男性/20~25歳 (b)女性/20~25歳
    (c)男性/26~34歳 (d)女性/26~34歳

  • 有効回答数

    (a)283件 (b)304件
    (c)304件 (d)301件

  • 調査時期

    2021年6月1日~2021年6月7日

  • 調査方法

    インターネット調査

デジタル機器(テレワーク)

テレワーク継続希望者による「続・テレワーク需要」に注目

コロナ禍で加速したテレワークですが、テレワーク経験者の7割以上が、アフターコロナもテレワークを希望していることが分かりました。
また、今後テレワークを実施する場合、約7割の人がテレワークを快適に行うための商品を購入検討しています。

総務省では、テレワーク総合情報サイト「Telework Net」を立ち上げ、コロナ禍に依らず、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方としてテレワークを推進しています。
コロナ禍でテレワーク導入の投資を行った企業にとっても、テレワークの活用は課題です。アフターコロナは緩やかにテレワークが定着していくと予想され、一時的なものではなく、恒久的なテレワーク需要が見込まれます。

プランナーの画像

広告プランナー

マイナビニュースでは、コロナ禍でテレワークカテゴリを新設しました。また、デジタル領域専任の編集部が在籍しており、毎月多くの記事を掲載しています。
「ビジネスマンを多く囲う」かつ「デジタル周辺機器の情報が充実している」マイナビニュースで、「アフターコロナもテレワークを快適にする編集部おすすめアイテム」といった切り口での訴求がおすすめです。

新型コロナウイルスの流行後、テレワークを行ったことがありますか?

新型コロナウイルスの流行後、テレワークを行ったことがありますか?

(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

テレワークを快適に行うために、購入したものを教えてください。(複数回答)

テレワークを快適に行うために、購入したものを教えてください。(複数回答)

テレワークを行ったことがあるかという質問に「はい」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=123/Z世代女性 n=121/ミレニアル世代男性 n=127/ミレニアル世代女性 n=125)

新型コロナウイルス感染症の収束後も、勤め先でテレワークが認められるなら、テレワークを実施したいと思いますか?

新型コロナウイルス感染症の収束後も、勤め先でテレワークが認められるなら、テレワークを実施したいと思いますか?

※テレワークを行ったことがあるかという質問に「はい」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=123/Z世代女性 n=121/ミレニアル世代男性 n=127/ミレニアル世代女性 n=125)

今後、テレワークを実施する場合、購入を検討する可能性があるものを教えてください。(複数回答)

今後、テレワークを実施する場合、購入を検討する可能性があるものを教えてください。(複数回答)

※テレワークを行ったことがあるかという質問に「はい」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=123/Z世代女性 n=121/ミレニアル世代男性 n=127/ミレニアル世代女性 n=125)

マネー

コロナ禍で普及したキャッシュレス利用がさらに拡大!

キャッシュレス決済利用者の半数以上が、新型コロナウイルスの流行でキャッシュレス決済の利用比率が増えたと回答しました。
また、今回調査したZ世代・ミレニアル世代では、約半数が支払いの70%以上でキャッシュレス決済を利用していました。

キャッシュレス決済利用者は、「ポイント還元などの特典が受けられる」「レジの支払いがスムーズにできる」といった、コロナ禍に依らないメリットを感じています。
また、若年層を中心に、キャッシュレス決済を利用した割り勘などのやり取りも増えつつあり、アフターコロナは、さらにキャッシュレス決済の利用比率が増えると予想されます。

プランナーの画像

広告プランナー

マイナビウーマンは、20代後半~30代前半の、ライフイベントが多く控えており、賢くお金を貯めたいと思っている読者が多い傾向にあります。また、マネーに関する情報をお届けするマネーカテゴリを常設しています。「〇〇でポイントが利用できてお得」「購入履歴でカンタン家計管理」など、日常生活の便利さを訴求する切り口がおすすめです。
マイナビニュースでも、20代前半の若手ビジネスマンを多く囲っており、マネーに関する特集をシーズンに合わせてリリースしています。「スマートなビジネスマンを目指す」などのテーマ型の座談会が人気です。

現在、支払いにおいて、キャッシュレス決済(現金を使用せずにお金を払うこと)を利用していますか?

現在、支払いにおいて、キャッシュレス決済(現金を使用せずにお金を払うこと)を利用していますか?

(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

現在、支払いにおいて、キャッシュレス決済を利用する比率はどれくらいですか?

現在、支払いにおいて、キャッシュレス決済を利用する比率はどれくらいですか?

※キャッシュレス決済を「利用している」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=220/Z世代女性 n=272/ミレニアル世代男性 n=245/ミレニアル世代女性 n=261)

新型コロナウイルス感染症の流行後、支払いにおいて、キャッシュレス決済を利用する比率は変わりましたか?

新型コロナウイルス感染症の流行後、支払いにおいて、キャッシュレス決済を利用する比率は変わりましたか?

※キャッシュレス決済を「利用している」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=220/Z世代女性 n=272/ミレニアル世代男性 n=245/ミレニアル世代女性 n=261)

キャッシュレス決済を利用する理由は何ですか?(複数回答)

キャッシュレス決済を利用する理由は何ですか?(複数回答)

※キャッシュレス決済を「利用している」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=220/Z世代女性 n=272/ミレニアル世代男性 n=245/ミレニアル世代女性 n=261)

資産運用に興味を持つ人が増加!若年層へアプローチのチャンス

6割以上の人が新型コロナウイルスの流行で家計に不安を感じるようになったと回答し、さらにそのなかで約6割の人が資産運用に興味を持っていると回答しました。

若年層は、コロナ禍でお金への不安と向き合ったものの、「始めるお金がない」「損をしたくない」という理由で資産運用を行っていません。
アフターコロナは、少額から始められる資産運用や、プロに任せられる資産運用など、初心者向けの訴求を行っていくチャンスです。

プランナーの画像

広告プランナー

マイナビニュースは、就職サイトマイナビから移行してくる会員が多いのが特徴です。正社員で収入が安定しているため、資産運用に関する情報への興味が高く、リスクとリターンのバランス重視で運用したい人が多くなっています。
「コツコツまじめに資産運用をしたい」という傾向にあり、若年層のビジネスマンが多いので、「シンプルで分かりやすい」「少額からの運用が可能」などのポイントをアピールするのがおすすめです。

新型コロナウイルス感染症の流行により、家計に不安を感じるようになりましたか?

新型コロナウイルス感染症の流行により、家計に不安を感じるようになりましたか?


※四捨五入の関係でちょうど100%にならないことがあります。
(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の流行により、資産運用(預金、投資信託、株式投資など)に興味を持つようになりましたか?

新型コロナウイルス感染症の流行により、資産運用(預金、投資信託、株式投資など)に興味を持つようになりましたか?

※四捨五入の関係でちょうど100%にならないことがあります。
(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の流行により、興味を持つようになった資産運用を教えてください。(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の流行により、興味を持つようになった資産運用を教えてください。(複数回答)

※資産運用に「かなり興味を持つようになった」「やや興味を持つようになった」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=190/Z世代女性 n=189/ミレニアル世代男性 n=180/ミレニアル世代女性 n=191)

現在、貯金以外の資産運用を行っていますか?

現在、貯金以外の資産運用を行っていますか?

(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

貯金以外の資産運用を行っていない理由は何ですか?(複数回答)

貯金以外の資産運用を行っていない理由は何ですか?(複数回答)

※貯金以外の資産運用を行っているかという質問に「いいえ」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=151/Z世代女性 n=215/ミレニアル世代男性 n=166/ミレニアル世代女性 n=192)

外食・中食・内食

出前・宅配の利便性は欠かせないものに

出前・宅配サービス利用者の半数以上が、新型コロナウイルスの流行で出前・宅配サービスの利用が増えたと回答しました。
利用するメリットとしては、「自炊をしなくて良い」「買出しに行かなくて良い」といった利便性が多く挙げられました。

新型コロナウイルス感染症の収束後、出前・宅配サービスを利用する頻度は「変わらない」という回答が最も多く、アフターコロナに急激に利用者が減ることはないと予想されます。
少なくとも、新型コロナウイルスコロナの流行前に比べて、利便性を求める消費者に継続的に利用される見込みです。

プランナーの画像

広告プランナー

マイナビニュースは、ビジネスからエンタメまで幅広い情報を扱っているため、若手ビジネスマンを多く囲っています。
仕事に集中していて、栄養バランスが取れていないと感じているユーザーに、「自宅でバランスの取れた食事ができる宅配サービス」という切り口での訴求がおすすめです。

出前・宅配サービスを利用したことがありますか?

出前・宅配サービスを利用したことがありますか?

(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の流行後、出前・宅配サービスを利用する頻度は変わりましたか?

新型コロナウイルス感染症の流行後、出前・宅配サービスを利用する頻度は変わりましたか?

※出前・宅配サービスを「利用したことがある」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=151/Z世代女性 n=194/ミレニアル世代男性 n=147/ミレニアル世代女性 n=171)

出前・宅配サービスを利用する理由は何ですか?(複数回答)

出前・宅配サービスを利用する理由は何ですか?(複数回答)

※出前・宅配サービスを「利用したことがある」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=151/Z世代女性 n=194/ミレニアル世代男性 n=147/ミレニアル世代女性 n=171)

新型コロナウイルス感染症の収束後、出前・宅配サービスを利用する頻度は変わると思いますか?

新型コロナウイルス感染症の収束後、出前・宅配サービスを利用する頻度は変わると思いますか?

※出前・宅配サービスを「利用したことがある」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=151/Z世代女性 n=194/ミレニアル世代男性 n=147/ミレニアル世代女性 n=171)

テイクアウトサービスがひとりごはんの選択肢の一つに

テイクアウトサービス利用者の半数以上が、新型コロナウイルスの流行でテイクアウトサービスの利用が増えたと回答しました。
利用するメリットとしては、「自宅でゆっくり食べられる」「自炊をしなくて良い」といった利便性が多く挙げられました。

新型コロナウイルス感染症の収束後、テイクアウトサービスを利用する頻度は「変わらない」という回答が最も多く、新型コロナウイルスの流行前に比べて、飲食の選択肢として定着してきたようです。
アフターコロナは、友人等と店内飲食を希望する人がいる一方で、特にひとりごはんの選択肢としてテイクアウトサービスの需要が見込めると予想されます。

プランナーの画像

広告プランナー

20代後半~30代前半の未婚女性がメインターゲットのマイナビウーマンは、仕事もプライベートも全力で楽しむ女性が多いため、「たまには自分を労わってあげる」といった内容の記事が人気です。
「疲れた日は無理をせず、テイクアウトでゆっくり夕食を」や「人気店のメニューをテイクアウトしてプチ贅沢」といった切り口がおすすめです。

テイクアウトサービスを利用したことがありますか?

テイクアウトサービスを利用したことがありますか?

(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の流行後、テイクアウトサービスを利用する頻度は変わりましたか?

新型コロナウイルス感染症の流行後、テイクアウトサービスを利用する頻度は変わりましたか?

※テイクアウトサービスを「利用したことがある」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=181/Z世代女性 n=225/ミレニアル世代男性 n=195/ミレニアル世代女性 n=228)

テイクアウトサービスを利用する理由は何ですか?(複数回答)

テイクアウトサービスを利用する理由は何ですか?(複数回答)

 

※テイクアウトサービスを「利用したことがある」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=181/Z世代女性 n=225/ミレニアル世代男性 n=195/ミレニアル世代女性 n=228)

新型コロナウイルス感染症の収束後、テイクアウトサービスを利用する頻度は変わると思いますか?

新型コロナウイルス感染症の収束後、テイクアウトサービスを利用する頻度は変わると思いますか?

※テイクアウトサービスを「利用したことがある」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=181/Z世代女性 n=225/ミレニアル世代男性 n=195/ミレニアル世代女性 n=228)

旅行

国内旅行に行きたい!旅費を増やして計画

約7割以上の人がアフターコロナに旅行に行きたいと回答し、特に女性は9割近くの人がアフターコロナの旅行を希望していることが分かりました。
新型コロナウイルスの流行前に比べて、旅費を増やして計画する傾向にあり、海外旅行よりも国内旅行に興味があるという結果になりました。

一人ではなく「友人」と一緒に、「グルメ・名物料理」を目的に旅行に行きたいという回答が多く、コロナ禍に自粛していた、コミュニケーションや外食を楽しむという旅行スタイルが予想されます。

プランナーの画像

広告プランナー

マイナビウーマンの読者は、20代後半~30代前半の未婚女性で可処分所得が高く、余暇を大切にしている人が多いのが特徴です。国内外問わず、旅行業界の案件と親和性が高い読者層です。
アフターコロナは、自粛で叶わなかった「大切な人と特別な思い出をつくる時間」といった切り口での訴求がおすすめです。

新型コロナウイルス感染症の流行後、旅行を断念したことはありますか?(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の流行後、旅行を断念したことはありますか?(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の流行後、旅行を断念したことはありますか?(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の収束後、旅行に行きたいと思いますか?

新型コロナウイルス感染症の収束後、旅行に行きたいと思いますか?

(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の収束後、誰と旅行に行きたいと思いますか?(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の収束後、誰と旅行に行きたいと思いますか?(複数回答)

※新型コロナウイルス感染症の収束後、旅行に行きたいかという質問に「はい」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=210/Z世代女性 n=264/ミレニアル世代男性 n=208/ミレニアル世代女性 n=256)

新型コロナウイルス感染症の収束後の旅行は、流行前の旅行と比べて、旅費はどのくらいで計画しますか?

新型コロナウイルス感染症の収束後の旅行は、流行前の旅行と比べて、旅費はどのくらいで計画しますか?

※新型コロナウイルス感染症の収束後、旅行に行きたいかという質問に「はい」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=210/Z世代女性 n=264/ミレニアル世代男性 n=208/ミレニアル世代女性 n=256)

新型コロナウイルス感染症の収束後、何を目的に【国内旅行】に行きたいと思いますか?(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の収束後、何を目的に【国内旅行】に行きたいと思いますか?(複数回答)

※新型コロナウイルス感染症の収束後、旅行に行きたいかという質問に「はい」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=210/Z世代女性 n=264/ミレニアル世代男性 n=208/ミレニアル世代女性 n=256)

新型コロナウイルス感染症の収束後、何を目的に【海外旅行】に行きたいと思いますか?(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の収束後、何を目的に【海外旅行】に行きたいと思いますか?(複数回答)

※新型コロナウイルス感染症の収束後、旅行に行きたいかという質問に「はい」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=210/Z世代女性 n=264/ミレニアル世代男性 n=208/ミレニアル世代女性 n=256)

動画配信サービス(VOD)

作品・出演者にハマった人が続出!動画配信サービスが趣味の一部に

動画配信サービスの利用者の6割以上が、新型コロナウイルスの流行で動画配信サービスの利用が増えたと回答しました。
動画配信サービスを登録し続けている理由は、「暇つぶしになるから」という自粛生活ならではの回答もある一方で、「好きなジャンルのコンテンツが豊富だから」といった、趣味としての定着も見える回答が最も多くなりました。

コロナ禍で動画配信サービスの利用が増えた人のなかには、映画・ドラマなどの作品にハマった人はもちろん、出演者にハマった人も多くいます。ハマった人を逃さないコンテンツの供給により、アフターコロナも継続利用が予想されます。

プランナーの画像

広告プランナー

マイナビニュースのエンタメチャンネルは、専用公式Twitterを運営するほどの人気カテゴリです。特定の人物やキャラクターにどっぷりハマっているオタク女子(沼女子)を多く囲っており、沼女子特集を常設しています。
新規加入者の獲得を目的として、「ドラマや映画の出演者にフォーカスして作品を紹介する」などの切り口がおすすめです。

現在、動画配信サービスを登録していますか?

現在、動画配信サービスを登録していますか?

(Z世代男性 n=283/Z世代女性 n=304/ミレニアル世代男性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の流行後、動画配信サービスを利用する頻度は変わりましたか?

新型コロナウイルス感染症の流行後、動画配信サービスを利用する頻度は変わりましたか?

※現在、動画配信サービスを「契約している」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=162/Z世代女性 n=191/ミレニアル世代男性 n=146/ミレニアル世代女性 n=150)

動画配信サービスを登録し続けている理由は何ですか?(複数回答)

動画配信サービスを登録し続けている理由は何ですか?(複数回答)

※現在、動画配信サービスを「契約している」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=162/Z世代女性 n=191/ミレニアル世代男性 n=146/ミレニアル世代女性 n=150)

新型コロナウイルス感染症の収束後、動画配信サービスを利用する頻度は変わると思いますか?

新型コロナウイルス感染症の収束後、動画配信サービスを利用する頻度は変わると思いますか?

※現在、動画配信サービスを「契約している」と回答した方のみ。
(Z世代男性 n=162/Z世代女性 n=191/ミレニアル世代男性 n=146/ミレニアル世代女性 n=150)

化粧品

コロナ禍であきらめたポイントメイクが戻ってくる!

約3割の女性が、化粧品の購入において「通販」を利用する比率が増えたと回答しており、新型コロナウイルス感染症の収束後も、通販を利用する比率は「変わらない」という回答が最も多くなりました。

コロナ禍では、「化粧水・美容液・乳液・クリーム」の購入や、そもそも化粧品を購入しない人が増えました。アフターコロナは、「化粧水・美容液・乳液・クリーム」「ファンデーション」など、マスクを外した肌を綺麗に見せるアイテムに加えて、「口紅・リップグロス」「チーク」といったポイントメイクの購入意欲が高まると予想されます。

プランナーの画像

広告プランナー

正社員が多く、ビジネスシーンで好印象を与えるメイクを好むマイナビウーマンの読者に向けて、「血色がよく見えるポイントメイク」や「清潔感のある素肌感メイク」などの切り口での訴求がおすすめです。
また、コロナ禍で通販の利便性に気付いた女性も多いので、「友人へのギフト」という訴求もおすすめです。

新型コロナウイルス感染症の【流行後】、化粧品の購入において、「通販」を利用する比率は変わりましたか?

新型コロナウイルス感染症の【流行後】、化粧品の購入において、「通販」を利用する比率は変わりましたか?

※四捨五入の関係でちょうど100%にならないことがあります。
(Z世代女性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の【収束後】、化粧品の購入において、「通販」を利用する比率は変わると思いますか?

新型コロナウイルス感染症の【収束後】、化粧品の購入において、「通販」を利用する比率は変わると思いますか?

(Z世代女性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の【流行がきっかけとなって、購入した】化粧品を教えてください。(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の【流行がきっかけとなって、購入した】化粧品を教えてください。(複数回答)

(Z世代女性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

新型コロナウイルス感染症の【収束後、購入を検討する可能性がある】化粧品を教えてください。(複数回答)

新型コロナウイルス感染症の【収束後、購入を検討する可能性がある】化粧品を教えてください。(複数回答)

(Z世代女性 n=304/ミレニアル世代女性 n=301)

まとめ

新型コロナウイルスの流行によって、需要が増えた商品やサービスに関して、既に生活の一部として欠かせないものになっている様子が伺えました。長い自粛生活は人々に負担を強いるものでありましたが、新たなライフスタイルをつくるきっかけとなったようです。

一方、自粛生活で我慢をしていた行動・感情を満たす、商品やサービスへの需要が、アフターコロナに見込まれることが分かりました。

時期を逃さず、アフターコロナの消費を狙ってアプローチするために、早めのプロモーション計画が重要でしょう。

マイナビメディアでは、定期的に消費者インサイトを調査し、時流を捉えたメディア運営を行っています。
アフターコロナのプロモーションは、マイナビニュース・マイナビウーマンまでお気軽にご相談ください!

マイナビメディアのご案内はこちら

 

夏休みにティーンが行きたい場所、やりたいことを調査しました!

早くも6月が終わりそうですが、もうすぐ夏がやってきますね!

ティーンが待ち望んでいる夏、そして夏休み!

この夏、ティーンはなにをして、どこに行くのか、行きたいのか?

今回はそんなティーンの知られざる夏休み事情を一足先に調査してみました!

ティーンが今年の夏行きたいスポット編

定番のテーマパーク

やはり夏休みなら、丸一日思いっきり遊びたい!!ということでテーマパークが行きたいスポットのナンバーワンでした。

その中でもディズニーランドに行きたいという声が多く、また、ユニバーサルスタジオジャパンに行きたいという声もありました。少し遠出をして普段いけないテーマパークに行って休みならでは思いっきり満喫をしたい!という気持ちが強いようです。最近ではディズニーランドやユニバーサルシティーなど、携帯のアプリの加工でいつもとまた違う可愛いフォトジェニック写真が撮れる!ということで遊びだけではなく、フォトジェニックスポットとしても人気を集めています。

夏の本命!プール&海

夏といえば鉄板のプール&海。友達とプールに行ったり、海に行ってスイカ割りをしたり、BBQをしたい!という声が沢山ありました。毎年違う水着を買うティーンも多く、友達とお揃いで買うこともあるそうです。

ティーンが今年の夏行きたい国内&国外編

国内編

国内でやはり人気なのは東京・大阪・京都・沖縄という声が多く、熱海・軽井沢などのリゾート地も人気でした。

沖縄では海や水族館、東京・大阪では観光&テーマパーク、京都では今インスタグラムを中心に流行っている抹茶のスイーツを食べたい!という声が多かったです。テレビで見て情報を得ることもありますが、最近ではインスタグラムなどで各地の綺麗な景色をあげている「フォトグラファー」の投稿写真を見て、興味を持つことも多い様です。

国外編

国外で行ってみたい場所で人気だったのはハワイ・グアムの南国でした!

またブームでもある韓流&日本から近いという理由で韓国も人気でした。また、夏休み留学などで人気なカナダのバンクーバーや、オーストラリア、セブ島などの声もありました。

南国で夏ならではのインスタ映えするような写真が撮れたり、日本で人気のパンケーキ屋さんなどの本店があることから実際に行ってみたい!と思っているようです。

夏休み限定だからできる!ネイルやヘアカラー

普段学校があると出来ない夏休みならではのネイルやヘアカラーですが、夏休み限定でイメチェンする子も多くなる、ティーンの美容事情はこうなっています!

ネイル

夏休みにネイルをする!と答えたのは半数以上の61.4%でした。

夏らしくPOPな赤やピンク、青などにする予定の子が多数いました。パステルカラーやドット柄も人気で”夏らしい”ネイルが人気のようです。

また、ネイルにかける値段は平均して3000円〜5000円のようで、高い子では数万円単位でネイルをするということもあるそうです。ネイルは3週間ほど持ち、夏休みの期間だけなので自分の気に入ったデザインにしたい為結構お金をかける傾向がありました。

ヘアカラー

夏休みに髪の毛を染める!という子はネイルよりも少ない42.4%でした。

中学生よりも高校生の方が圧倒的に多く、「茶髪」が一番人気でした。他には夏らしくピンクや、明るいグラデーション、また思い切って金髪!という声もありました。

ティーンの美容院事情としてはカットのみだとネイルと同じく3000〜5000円、カット+カラーだと8000円〜10000円以上とやはり美容にはきちんとお金をかける傾向があるように思えました。

ティーンの夏休みテレビ事情

もちろん友達とも遊ぶ夏休みですが、実際は家にいることも多いようです。

その中でもかかせないのがテレビ。夏休みならではの番組も多いのでゴロゴロと見るティーンも多いようです。しかし最近ではティーン層を中心に人気なユーチューバーもいます。今のティーンはテレビを見るのかYouTubeを見るのか聞いてみました。

TV vs Youtube

結果はテレビ59.5%、YouTube40.5%で、テレビが少しリードしていました。テレビの方がよく見るという回答には、「好きな芸能人が出てるから」「特番があるから」という声の他に「画面が大きいから」「速度制限がかからないから」といったスマフォ時代ならではの回答もありました。またYouTubeをよく見る理由としては「いつでもどこでも見れるから」「繰り返し見れるから」といった気軽さが人気を集めているようでした。

ティーンに人気の番組

テレビでは自分が好きな俳優さんが出ているドラマや、夏休みの特番、夏ならではの心霊番組などをよく見るようです。

また、YouTubeではティーンを中心に人気を集めるユーチューバー動画や、自分の好きな音楽を聴くなどが多く、ユーチューバーの投稿ではテレビでは出来ない少しぶっ飛んだ企画などが面白いと、人気を集めています。

ティーンの夏休み事情、いかがだったでしょうか?

テーマパークや旅行など普段行けないところや、ネイルやヘアカラーなどの普段できないことを、この年に一度の夏休みに行きたい!思いっきりやりたい!と思っているティーンが多い傾向がありました。

また、昔はTVの放送時間に合わせて番組などを見ていたのに、今は自分の好きなタイミングで好きな動画を観れるYouTubeなどのスマートフォンの中でのチャンネルがティーンに人気になっており10人に4人はTV   よりもYouTubeを見るというところから時代の変化も伺えました。