マイナビ子育て Instagram Live番組

マイナビ子育て Instagram Live番組について

子育てメディアとして国内有数のPV数を誇る「マイナビ子育て」が子育て層の視聴頻度が高いインスタライブにて、インフルエンサーと生配信番組を開始しました!
貴社の新商品やサービスを、インフルエンサーの実体験などとともに紹介することができるメニューになっておりますので、貴社商材のプロモーションに、ぜひご活用ください。

資料のご請求はこちら

 

出演者候補

進行役候補

木下ゆーき(タレント/子育てインフルエンサー)

木下ゆーき(タレント/子育てインフルエンサー)

笑いを交えた子育て情報を発信するSNS総フォロワー数100万人超の子育てインフルエンサー。RCC『イマナマ!』でも曜日レギュラーとして活躍中。

ゲスト

初回ゲストはタレントの藤本美貴※1さん!
※1 元モーニング娘。のメンバーで、脱退後はお笑い芸人の庄司智春と結婚。主婦タレントとしてマルチに活躍中。自身のYouTubeチャンネルも登録者数57万人超と人気に。

※ゲスト出演するタレントにつきましては、訴求内容を踏まえご提案させていただきます。

 

番組構成

(1)【オープニング】

◆OPトーク

進行役の木下ゆーきとゲストによるOPトーク。
番組の概要や最近の子育てトークなど、ざっくばらんに話していただきます。

 

(2)【本編】

◆商材が解決できる子育ての困りごとをテーマに展開

木下 「早速ですが、今回のテーマはこちら!○○です!これ、確かに困りますよね~」

・子どもがイヤイヤ期で困っているとき、どうしてる? 
・子どもがお風呂に入るのを嫌がる!どうしたら?
・子どものオムツ替えでうんち漏れが多発!洗濯がつらい など、困りごとをテーマにトーク。

◆インフルエンサーの体験も交えつつ、アドバイスなどもらいながらトークを進めていく。

ゲスト「私も!これ本当に困ってて、周りに聞くとこんなことやっている人が多くて~」
木下 「今回のスポンサーさんの□□は、そんな困りごとを解決できるらしいんです」 

└以降、商材に関する情報をインフルエンサーから紹介。
 視聴者に納得してもらいつつ、商品を理解していただける構造となっております。
└コメントで質問が来れば、その回答をするコーナーを設けることも可能です。

(3)【まとめ】

◆今日のトーク内容をまとめて終了。

木下 「まとめると、今回のテーマである○○の場合は、△△(アドバイス)をするか、この□□(商材)を使ってみてはいかがでしょうか!」
ゲスト 「次回の配信をお楽しみに!」

※構成案については施策決定後にオリエンを踏まえて台本に落とし込み提出させていただきます。

 

企画の全体図

企画の全体図

 

「マイナビ子育て Instagram Live番組」のポイント

【Point 1】大規模リーチが見込めるインフルエンス力

出演者及びマイナビ子育てのInstagramやパートナーメディアのフォロワーへのPR投稿で、約202.8万フォロワーはもちろん、マイナビ子育てのアカウントを活用したInstagramでの広告配信なども実施し、ターゲットを効率的にインスタライブやタイアップ記事へ誘引してまいります。

 

【Point 2】インスタライブだからできる作り込まないライブ感

スマホ1台で撮影可能な、作り込まないライブ感でInstagramユーザーへ違和感なくライブ配信を実施できます。
臨場感ある商品やサービスの紹介を発信しつつ、視聴者とリアルタイムでコミュニケーションができ、その場で疑問解決や購入への後押しに繋げることが期待できます。

 

【Point 3】貴社サービスを軸としたオリジナル番組構成

番組全体の構成を、貴社商品・サービスの紹介を基点に都度カスタマイズして制作いたします。
Live感を意識しつつ、貴社商品の自然な認知形成を促します。

 

お問い合わせについて

「どんなプロモーションが可能か聞いてみたい」「自社商材が出稿可能か聞きたい」など、どんな些細な疑問やご相談でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

資料のご請求はこちら

令和の共働き夫婦クラスター最新分析!ママ・パパのインサイト&消費実態を解説

令和の共働き夫婦クラスター最新分析!ママ・パパのインサイト&消費実態を解説

出産準備に関する消費傾向を調査!妊娠中の情報収集方法や出産前に購入する商品・時期を徹底分析

今回は子どもがいる25~35歳の女性342人を対象に、出産準備についてのアンケート調査を実施しました。出産準備中の不安や情報収集方法、出産やベビーグッズの商品購入傾向について詳しく解説します。

\全体の調査結果や解説はこちらから無料でダウンロードいただけます/

調査資料ダウンロードはこちら

1,出産準備中の不安や悩みを調査!マタニティ期間に行っていたこととは?

Q. 出産準備中に抱えていた不安や悩みについて教えてください。


Q. 出産準備中に抱えていた不安や悩みについて教えてください。

(n=342)

まず、出産準備中の不安や悩みについて調査すると、「妊娠中の体調不良」が55.0%で最多。次いで「産後の子育て・教育」「出産自体への不安」も半数を超える結果となりました。妊娠中の体調の悩みに限らず、出産や出産後の子育てに関しても出産準備中に悩み・検討していることが分かります。

Q. マタニティ期間に行っていたことはありますか?

Q. マタニティ期間に行っていたことはありますか?

(n=342)

マタニティ期間に行っていたことは、「マタニティ・ベビーグッズを購入する」62.0%が最も多い結果となりました。2位は意外にも「歯科検診に行く」48.0%となりました。妊娠中はホルモンバランスの変化によって歯にも影響を及ぼす可能性があることから、安定期に歯科検診に行くことが定着しつつあるようです。さらに「夫婦二人で旅行に行く」は45.3%となり、出産前に夫婦2人の時間を楽しみたいという需要も高いことが分かります。

\さらに調査!出産を機に検討する資産形成とは?/

調査資料ダウンロードはこちら

 

2,出産に関する情報収集方法を調査!信頼できるのはリアルな声

Q. 出産に関する情報収集方法を教えてください。

Q. 出産に関する情報収集方法を教えてください。

(n=342)

出産に関する情報収集の方法について聞くと、「SNS」が7割以上となりました。次いで「友人」46.8%、「両親」39.5%となりました。情報源としては最新の事情がわかるSNSから多く取り込みつつ、経験値のある両親や気の置ける友人と話をしていると考えられます。

Q. 信頼しているコンテンツはどれですか?

Q. 信頼しているコンテンツはどれですか?

※「情報収集はしていない」以外を選択した方 (n=329)

信頼しているコンテンツについては「一般人の投稿」が53.2%で多数派となりました。同じく妊娠・出産を経験した人のリアルな声だからこそ安心できるという方も多いようです。次いで「インフルエンサー・有名人の投稿」「医師・専門家による解説」となりました。多くの情報が飛び交う中で医師・専門家の意見を知りたいという方も一定数いることが分かります。

\もっと深掘り!信頼しているインフルエンサーや検索ワードを徹底調査/

調査資料ダウンロードはこちら

 

3,出産準備中に購入するマタニティ・ベビーグッズは?購入時期をカテゴリー別に解説

Q. 出産前の準備期間にどのような商品を購入しましたか?

Q. 出産前の準備期間にどのような商品を購入しましたか?

(n=342)

前述で「マタニティ・ベビーグッズを購入する」の回答が多く、実際に購入した商品についても調査してみると、「ベビーウェア」が83.6%で最多の結果に。さらに「おしりふき」「紙おむつ」「ベビーソープ」「哺乳瓶」も7割を超える回答となりました。どれも乳幼児の育児には必需品であり、出産後すぐに必要になるので、出産前から準備しておくことが一般的だと言えます。

Q. 出産準備のための商品は出産予定日の何カ月前から購入しはじめましたか?

Q. 出産準備のための商品は出産予定日の何カ月前から購入しはじめましたか?

(n=342)

さらに回答の多かった【肌着】【授乳】【お風呂グッズ】【おむつ】のカテゴリー商品において購入時期を調査しました。【肌着関連】については「出産予定日2~3ヶ月前」がボリュームゾーンとなっています。ベビーウェアを選ぶこと自体が妊娠中のひとつの楽しみだったり、気分転換になったりする方も多いと考えられます。また【おむつ関連】については、「出産予定日1ヶ月前」「出産後」の回答が多くなりました。比較的吟味して選ぶものに関しては、2か月前あたりから段々と揃えていく傾向にある一方で、消耗品かつドラッグストアなど売り場も多いカテゴリーに関しては、出産間近に購入していることが推測できます。

\さらに調査!購入金額や商品購入決定権をカテゴリーごと分析/

調査資料ダウンロードはこちら

 

Q. ベビーグッズの購入の際の情報収集方法を教えてください。

Q. ベビーグッズの購入の際の情報収集方法を教えてください。

(n=342)

ベビーグッズの情報収集については「SNS」が64.6%となり、出産の情報収集と同じように最も多い結果となりました。

\さらに深掘り!SNSの中でもよく見られているコンテンツとは?/

調査資料ダウンロードはこちら

 

4,出産祝いのプレゼントは〇〇が人気!贈る側に最適な商品傾向とは?

Q. 出産祝いでもらって嬉しかったものは何ですか? 具体的な商品を教えてください。

Q. 出産祝いでもらって嬉しかったものは何ですか? 具体的な商品を教えてください。

※自由回答から回答の多い順にランキング作成(n=342)

さらに出産祝いでもらって嬉しかったものに関しては「お祝い金・ギフトカード」の回答が最も多くなりました。2位は「ベビー服」「おむつ」が同率となり、中でも「おむつケーキ」の回答が目立ちました自分たちで利用用途を検討できるもの実用的なものに加えて、お出かけ用のベビー服や名前入りのスタイなど特別感のあるものが、より印象に残って嬉しいと感じているようです。

\さらに深掘り!もらって嬉しかったポイントをエピソードで公開/

調査資料ダウンロードはこちら

まとめ

  • 出産準備中の不安や悩みは「妊娠中の体調不良」「産後の子育て・教育」「出産自体への不安」が半数以上
  • マタニティ期間中に行っていたことは「マタニティ・ベビーグッズを購入する」62.0%
    さらに出産後に出かけづらくなる「歯科検診」「夫婦二人で旅行」の需要も高い
  • 出産に関する情報収集方法は「SNS」が7割以上
  • 信頼しているコンテンツは「一般人の投稿」53.2%
    次いで「インフルエンサー・有名人の投稿」「医師・専門家による解説」
  • 出産準備中に購入する商品は「ベビーウェア」「おしりふき」「紙おむつ」「ベビーソープ」「哺乳瓶」が7割以上
  • 出産祝いのプレゼント1位「お祝い金・ギフトカード」、2位「ベビー服」「おむつ」、3位「おもちゃ」

ダウンロード資料のご案内

ダウンロード資料では、本記事では紹介しきれなかった、出産準備中の悩み解消方法のエピソード出産準備中に購入した各商品カテゴリーの金額・時期についてもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。下記ボタンよりご請求いただけます。

調査資料ダウンロードはこちら

  • 調査対象

    25~35歳/既婚/子どもあり/正社員・公務員・団体職員/ 子どもの年齢0~6歳と回答した方

  • 有効回答数

    342件

  • 調査時期

    2024年1月

  • 方法

    インターネット調査

共働き子育て夫婦の消費実態

共働き子育て夫婦の消費実態に関するアンケート調査結果を公開!
家事を時短するために購入した商品・サービス、ネットショッピングをしている時間帯や使う金額、世帯年収や家事分担の実態など、リアルな共働き世帯の声をまとめました。
妊娠中・未就学児を持つ世帯の、パパ・ママ両方へプロモーションを考えている方におすすめです。

マイナビ子育て Instagram企画

マイナビ子育て Instagram企画について

正社員として働き、未就学児の育児にも奮闘しているワーキングマザーがメインターゲット。
とにかく毎日時間が無く、テレビとの接触が少ない彼女達の情報源は通勤中にチェックするSNS!
彼女達のインサイトを掴んだコンテンツを作成し、インスタライブやフィード、ストーリーズ投稿などでアプローチできる企画となっております。

資料のご請求はこちら

 

働くママの行動特徴・インサイト

働くママへのアプローチには、通勤時間帯にサクッと読めるコンテンツをSNSで配信することが有効!
特にスグに実践できるコンテンツは、時間が無いママ達に刺さる傾向です。

働くママはとにかく時間が無い!

起床から就寝まで、日々時間に追われる生活。子どもを起こし→朝食を取らせ→保育園に登園させ電車に飛び乗る朝。
ダッシュでお迎えに行き、夕飯づくり→子供に食べさせ→片付け→お風呂に入れて→睡眠時間を確保できる時間までに寝かしつける夜、1分1秒を争う日々を送っていて、自分のことは二の次になっています。

 

情報収集の時間は、毎日の通勤電車の中だけ

初めての乳幼児育児は分からないことだらけ。加えて、仕事・家事との両立に悩み、積極的に情報収集をしたいのが本音。
しかし、日々時間に追われ1人で落ち着いて情報収集ができるのは通勤電車の往復時間だけ。
ここで、すべての情報収集のToDoをこなさなければなりません。

 

パートナーメディアとのコラボパワーで情報収集意欲の高いママにリーチ

フォロワー合計91.2万人に成長した、パートナーメディアのメガアカウントとコラボ!

マイナビ子育て公式アカウントに加え、パートナーメディアである『わたしの節約』(約77万フォロワー)『MATE MAMA』(約13万フォロワー)のアカウントからも投稿することでリーチ力を大幅UP!

※フォロワー数は2023年3月時点のものです。

 

高反応コンテンツにするには「共感投稿」が効果的

高反応コンテンツの特徴は「共感×ノウハウ×アイテム紹介&使える情報」
毎日時間に追われているママ達は、心がすり減っていく感覚を覚えています。
そんな彼女達に刺さるコンテンツにするためには「私の悩みをわかってくれている」と共感ポイントを作ることがカギです。
「共感投稿」に、貴社商品を悩みの解決策や、あると便利なアイテムとして落とし込み、すぐにママが実践できるコンテンツにすることで、反応を得やすくすることが可能です。

高反応コンテンツにするには「共感投稿」が効果的

 

【コンテンツ例】

  • お悩み

    「平日の夕食づくりに疲れちゃった…」

  • プランニング例

    「大人用と子ども用、2種類のご飯づくりが時間的に厳しい…」など、日頃ママ達が思っている悩みを提示し、貴社商品を悩みの解決策として落とし込み。ミールキットやレトルトの離乳食など、料理の時短に繋がる商品・サービスをレコメンド。

  • お悩み

    「ワンオペでお風呂に入れるのが大変…」

  • プランニング例

    「すんなりお風呂に入ってくれない」「自分が洗ってるときの安全確保が心配」など、お風呂に関する”あるある”をイラストにしてコンテンツ化。先輩ママの体験談などを交え、貴社商品(泡タイプの石鹸やお風呂マット、バスチェアなど)を日々の負担を軽くする商品としてレコメンド。

 

「マイナビ子育て Instagram企画」のポイント

【Point 1】時短・節約に興味関心が高い、F1/F2層にアプローチ

節約や時短のノウハウに興味関心があり、SNSで情報収集を行う、感度の高いユーザーにリーチ!
『MATE』とのコラボで、95万人以上のフォロワーにアプローチできるのも強みです。

 

【Point 2】インサイトを熟知した編集部がコンテンツを作成!

マイナビ子育て編集部には、産休・育休を経て職場復帰したママが多数在籍。
自らの経験をもとに、働くママ達に刺さるコンテンツをご提案いたします。

 

【Point 3】Instagramで実施できる施策がお得なパッケージに!

インスタライブから、フィード・ストーリーズ投稿、AD配信やタイアップ記事制作までマイナビが実施。
専門家監修/サンプリングとのセットもあり、貴社商材に最適なプランをご提案いたします。

 

お問い合わせについて

「どんなプロモーションが可能か聞いてみたい」「自社商材が出稿可能か聞きたい」など、どんな些細な疑問やご相談でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

資料のご請求はこちら

0~6歳児の「子どもの花粉症」について共働き層に調査!対策グッズで重視するポイントなど消費傾向を解説

春先から段々と気になり始める花粉症。近年は大人だけでなく、花粉症で困っている子どもも多いようです。今回は、0~6歳のお子さんがいる共働き子育て層を対象に、子どもの花粉症についてのアンケート調査を実施しました。初めての症状や実際に行っている対策、花粉症に関する商品の購入事情など詳しく解説します。

子どもの花粉症の実態とは?花粉症になった年齢や症状について調査!

Q. お子さんは何歳ごろに花粉症になりましたか?

Q. お子さんは何歳ごろに花粉症になりましたか?

(n=300)

まず子どもが花粉症になった年齢については、「2歳ごろ」と答えた方が27.7%で最も多く、「1歳~2歳ごろ」がボリュームゾーンとなっています。ちょうど外遊びが増えるタイミングの1~2歳ごろに、花粉症に気づくパパ・ママが多いようです。

Q. どういうきっかけでお子さんが花粉症だと気が付きましたか?


Q. どういうきっかけでお子さんが花粉症だと気が付きましたか?

(n=300 内訳:【0~2歳】n=88、【3~4歳】n=112、【5~6歳】n=100)

花粉症に気づいたきっかけは、「鼻水」「くしゃみ」8割近い回答となり、ほとんどが鼻からくる症状で花粉症だと認識していることが分かります。

また子どもの年齢別に見てみると、3~4歳の場合は「鼻づまり」、5~6歳の場合は「鼻づまり」に加えて「目の充血・かゆみ」の症状からも判断しているようです。

Q. お子さんの花粉症の症状にはどのようなものがありますか?


Q. お子さんの花粉症の症状にはどのようなものがありますか?

(n=300 内訳:【0~2歳】n=88、【3~4歳】n=112、【5~6歳】n=100)

さらに子どもの花粉症の症状についても、きっかけ同様「くしゃみ」「鼻水」が多数となりました。

年齢別では3~4歳になると「目の充血・かゆみ」、 5~6歳になると「咳」の割合も高まってきていることが分かります。年齢が上がるにつれて、様々な症状が出てきているようです。

 

\もっと深掘り!子どもの花粉症で心配・大変なこととは?リアルな意見から年齢別の傾向を分析/

調査資料ダウンロードはこちら

 

子どもの花粉症の対策はどのようなものが支持されている?対策方法や購入商品を深掘り!

前述では症状について見てきましたが、実際初めて花粉症の症状が出た時はどのような行動をとるのでしょうか。

Q. 初めてお子さんに花粉症の症状がでた際にどのような行動をしましたか?


Q. 初めてお子さんに花粉症の症状がでた際にどのような行動をしましたか?

(n=300 内訳:【0~2歳】n=88、【3~4歳】n=112、【5~6歳】n=100)

結果は「小児科に行く」が63.3%で多数派となりました。特に0~2歳の場合は70.5%と高くなっており、まずはかかりつけの小児科の先生に相談する方が多いことが分かります。一方5~6歳の場合は、「インターネットで検索する」「アレルギー科のある病院に行く」の割合が他の年齢に比べて高くなっています。

前述の結果からも年齢が上がると症状がはっきりしてくることから、花粉症と確信した上で対策方法を自力で調べ、より専門的に診てもらえるアレルギー科へ行くといった行動につながると考えられます。

Q. お子さんの花粉症に対してどのようなことをしていますか?


Q. お子さんの花粉症に対してどのようなことをしていますか?

(n=300 内訳:【0~2歳】n=88、【3~4歳】n=112、【5~6歳】n=100)

続いて子どもの花粉症対策について調査したところ、「病院で定期健診を受ける」が58.7%で最多となりました。健診の際に医師に相談する方が多いようです。また、「手洗い・うがいをこまめにする」「洗濯物を室内に干す」「室内で加湿器や空気清浄機を使用する」の割合も高く、本格的な治療よりも、まずは自宅で出来る対策を行っていることが分かります。

また5~6歳になると「外出時にはマスクを着用させる」の回答率が高くなっています。長時間外出する機会も増えることから、自宅のみならず、外出時の対策も心がけるようなると考えられます。

Q. お子さんの花粉症のためにどのような商品を購入していますか?


Q. お子さんの花粉症のためにどのような商品を購入していますか?

(n=300 内訳:【0~2歳】n=88、【3~4歳】n=112、【5~6歳】n=100)

子どもの花粉症のために購入する商品は、「病院の処方薬」が63.7%と最も多く、次いで「マスク」「空気清浄機」が多い回答となりました。

年齢別の結果では 0~2歳の場合は「鼻吸い器」の回答率が高く、年齢が上がるごとに減っていく傾向にあります。2、3歳ごろからは鼻をかめるようになるため、それまでは「鼻吸い器」を使用している方が多いと言えます。
逆に「マスク」は年齢が上がると購入率が上がり、5~6歳では44.0%となっています。さらに5~6歳は他の年齢に比べて「乳酸菌飲料」の割合も高くなっており、直近の対策だけでなく、免疫力を高めることも意識しているようです。

 

\もっと深掘り!花粉症対策の商品を知ったきっかけは?男女で異なる結果に/

調査資料ダウンロードはこちら

 

子どもの花粉症対策の購買事情を詳細調査!購入場所や重視するポイントを商品カテゴリーごとに解説

次に子どもの花粉症対策の商品を購入する場所について、各商品カテゴリーごとに調査しました。

Q. お子さんの花粉対策商品はどこで購入していますか?


Q. お子さんの花粉対策商品はどこで購入していますか?

※「商品は購入しない」以外を選択した方 (n=270)

【薬】は「病院」が63.0%となり、市販薬ではなく、病院で処方された薬を使用していることが分かります。【アレルギー保護グッズ(マスク、メガネ、防花粉スプレーなど)】は「ドラッグストア」、【家電関連】は「総合ECサイト」が多数派となりました。
細かい保護グッズに関してはドラッグストアで実際に見て購入する方が多い一方で、家電に関してはオンライン上で購入を決める方が多いようです。

 

\もっと深掘り!商品購入の平均金額を各商品カテゴリーごとに調査/

調査資料ダウンロードはこちら

 

Q. 花粉症対策の商品(薬)を購入する際に重視するポイントは何ですか?


Q. 花粉症対策の商品(薬)を購入する際に重視するポイントは何ですか?

※「商品は購入しない」以外を選択した方 (n=270)

では実際に商品を購入する際のポイントはなんでしょうか。【薬】と【アレルギー保護グッズ】それぞれ見ていきます。
まず【薬】を購入する際に重視するポイントは、「副作用が少ない」が28.2%で1位、また僅差で「医師や専門家が推奨している」が27.4%で2となりました。未就学児の場合、効果以上に副作用の少なさや安全性を重視する傾向にあるようです。

Q. 花粉症対策の商品(アレルギー保護グッズ)を購入する際に重視するポイントは何ですか?


Q. 花粉症対策の商品(アレルギー保護グッズ)を購入する際に重視するポイントは何ですか?

※「商品は購入しない」以外を選択した方 (n=270)

続いて【アレルギー保護グッズ(マスク、メガネ、防花粉スプレーなどの薬以外の商品)】の購入では、「子どもが自分で使いやすい」30.7%が最多となりました。マスクやメガネなど子どもが身に着けるものなので、大人の意向よりも、いかに子ども自身が使いやすいか、ストレスがないかという点を重視していることが分かります。
2番目に多かった回答は「副作用が少ない」27.0%となり、薬同様になるべく負担が少ないものを選んでいることが明らかです。

子どもの花粉症についての情報収集方法とは?SNSや信頼しているコンテンツを細かく調査

Q. お子さんの花粉症についての情報を収集する際にチェックする項目を教えてください。


Q. お子さんの花粉症についての情報を収集する際にチェックする項目を教えてください。

(n=300 内訳:【男性】n=152、【女性】n=148)

子どもの花粉症についての情報収集は、「テレビ番組」が37.0%で最多となり、次いで「テレビCM」「SNS」となりました。メディアやSNSを活用して情報を得ているようです。

また男女別の結果に注目してみると、女性の場合は「友人」や「両親」の割合が男性に比べて高くなっていることが分かります。マスメディアで一般的な情報を収集しつつ、身近な人に相談することで、個人にあった意見も取り入れたいという思いがあるのではないでしょうか。

Q. SNSで情報収集していると回答した方にお聞きします。お子さんの花粉症についての情報を収集する際にチェックしているSNSを教えてください。


Q. SNSで情報収集していると回答した方にお聞きします。お子さんの花粉症についての情報を収集する際にチェックしているSNSを教えてください。

※「SNS」を選択した方 (n=73 内訳:【男性】n=32、【女性】n=41)

「SNS」で情報収集している方に深掘り調査してみると、男女ともに「Instagram」が9割近い回答率となりました。

また男性の場合は「YouTube」が56.3%と女性に比べて高くなっており、動画で情報収集する方が多いと考えられます。

Q. お子さんの花粉症についての情報を収集する際に信用しているコンテンツを教えてください。


Q. お子さんの花粉症についての情報を収集する際に信用しているコンテンツを教えてください。

※「情報収集はしていない」以外を選択した方 (n=257 内訳:【男性】n=134、【女性】n=123)

続いて情報収集する際に信用しているコンテンツについては、1位「専門家による解説(記事)」37.4%、2位「企業の公式アカウントからの投稿」35.0%、3位「インフルエンサーの投稿」29.6%となりました。子どもの健康に関する情報は、医師や企業の公式アカウントを活用することで、正確な情報を収集することができ、安心感を得ているのではないでしょうか。

また「専門家による解説(記事)」は特に女性の支持が高く、男性の場合は記事に加えて動画の回答率も高くなっています。
前述のSNSの設問でもYouTubeの回答が多かったことからも、女性は『ビジュアルを含む記事』、男性は『動画』を好む傾向があると言えます。

 

\もっと深掘り!花粉症の情報を探す時の検索キーワードとは?/

調査資料ダウンロードはこちら

 

まとめ

  • 子どもが花粉症になった年齢は、「1歳~2歳ごろ」がボリュームゾーン。
  • 花粉症の症状は、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」が多数
    └【3~4歳】は「目の充血・かゆみ」、【5~6歳】は「目の充血・かゆみ」や「咳」の割合も高まる
  • 花粉対策は、「病院で定期健診を受ける」が最多。
    「手洗い・うがいをこまめにする」「洗濯物を室内に干す」「室内で加湿器や空気清浄機を使用する」など、自宅での対策も多い
  • 子どもの花粉症のために購入する商品は、「病院の処方薬」が最多。
    └【0〜2歳】は「鼻吸い器」も多いが、年齢が上がるごとに減少。逆に「マスク」は年齢が上がると購入率が上がる。
  • 商品購入の際に重視するポイント
    └【薬】は「副作用が少ない」「医師や専門家が推奨している」が多数。 
    └【アレルギー保護グッズ】は「子どもが自分で使いやすい」ことや、「副作用が少ない」が重視される。
  • 情報収集は、「テレビ番組」が最多、SNSは「Instagram」をチェックするが9割近い回答。
  • 信用しているコンテンツは1位が「専門家による解説(記事)」、2位が「企業の公式アカウントからの投稿」であり、正確性を求める傾向がある。

ダウンロード資料のご案内

ダウンロード資料では、本記事では紹介しきれなかった、花粉症対策商品を知ったきっかけや情報収集時の検索キーワードについてもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。下記ボタンよりご請求いただけます。

調査資料ダウンロードはこちら

  • 調査対象

    25~35歳/既婚/子どもあり/正社員、公務員・団体職員/子どもの年齢0~6歳/子どもが花粉症と回答した方

  • 有効回答数

    300件

  • 調査時期

    2023年11月13日~2023年11月14日

  • 方法

    インターネット調査

関連記事のご紹介

SEO記事ターゲティング 動画フローティングバナー

SEO記事ターゲティング 動画フローティングバナーについて

「商品の良さを説明した動画はあるのに、うまく露出できていない……」
「新規ユーザーを開拓したいけど、新しい施策が思いつかない……」
このようなお悩みをお持ちの方に、ぜひ一度お試しいただきたいメニューとなっております!
顕在層へのアプローチとして、ご活用ください。

資料のご請求はこちら

 

企画概要

SEO上位記事への動画配信で、ユーザーの“気になるマインド”に直接アプローチ!

マイナビ掲載記事の中でも、SEOで上位がとれている記事にオーバーレイ動画配信を行います。
「検索流入=ユーザーが悩み・興味を持っている状態」なので、ユーザーに刺さりやすいタイミングでのアプローチが可能です。

企画概要

※止め画は動画再生開始時に表示されます。(0.5秒) ※通信環境により止め画表示が延長する場合がございます。

 

企画の流れ

企画の流れ

「SEO記事ターゲティング 動画フローティングバナー」のポイント

【Point 1】生活者が特定のテーマに興味・課題を持っているタイミングでリーチ

「健康のために運動しないとなぁ…」「私にできる節約術無いかな…」
このような悩みや興味に対し、自ら検索エンジンで積極的に情報を探しているユーザーがターゲット。
ユーザーが記事にアクセスしたタイミングで、フローティングバナーが表示されるので、ニーズを逃しません!

 

【Point 2】オーバーレイ表示で常時掲載配信

ページのスクロール中も、常にバナーが画面内に表示されるので目に留まりやすく、ユーザーからのリアクションが起きやすいのもメリットです。
ユーザーがページを見ている間は常に動画が再生され続けますので、より効果的な訴求が可能です。

 

設定できるセグメントの一例をご紹介

マイナビニュース

キャリア/ライフスタイル/マネー/動物/デジタル/モバイルの6カテゴリをご用意!
「転職」「テレワーク」「ネット通販」「レジャー」「キャッシュレス」「家電」など、全部で22個のセグメントがございます。

マイナビウーマン

ヘルスケア/マネー/キャリアの3カテゴリをご用意!
「生理」「ダイエット」「節約・貯金」「働き方」など、全部で8個のセグメントがございます。

マイナビ子育て

妊娠前/妊娠中/産後/子ども/食事/ベビーグッズ/ライフスタイルの7カテゴリをご用意!
「妊活」「妊娠初期」「新生児」「離乳食」「ベビー服」「ワーママ」など、全部で24個のセグメントがございます。

全52個のセグメントからお選びいただくことで、最適なユーザーへ効率的に、動画フローティングバナーを表示させることができます。

 

お問い合わせについて

「このセグメントで配信したいけど可能?」「自社商材が出稿可能か聞きたい」など、どんな些細な疑問やご相談でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

資料のご請求はこちら

共働き子育て層の冬の大掃除事情とは?掃除用品の消費傾向やハウスクリーニング利用度を調査!

年末に向けて、大掃除の計画を立て始める方が多い季節になりました。そこで今回は共働き子育て層を対象に冬の大掃除についてアンケートを実施。重点的に掃除するエリアや、ハウスクリーニングの利用実態について調査しました。詳しく解説していきます。

今シーズンの大掃除はいつ行う?重点的に掃除したいエリアとは?

Q. 今年の冬の大掃除はいつごろ行う予定ですか?


Q. 今年の冬の大掃除はいつごろ行う予定ですか?

(n=309)

Q. どこを大掃除する予定ですか?


Q. どこを大掃除する予定ですか?

(n=309)

まずは今シーズンの大掃除を行う時期やエリアについて調査しました。大掃除の時期については、「12月(クリスマス以前)」と「12月(年末)」が約34%で同じくらいの比率となりました。年内のうちに大掃除を行う方が大半だと分かります。

大掃除をする予定の場所は、「玄関」「コンロ」が特に多く、次いで「換気扇」「トイレ」「浴室」の回答も7割近くとなりました。普段掃除が行き届かない場所や、水回りなどは大掃除の対象にしている方が多いようです。

大掃除のためのアイテムはどこで購入する?注目するキーワードは?各エリア別に徹底調査!

Q. 各箇所の掃除用品はどこで購入しますか?

Q. 各箇所の掃除用品はどこで購入しますか?


(n=309)

続いて掃除道具や洗剤など、大掃除に使う掃除用具をどこで購入するか、掃除をするエリアごとに調査しました。どのエリアも共通して「ドラッグストア」で購入する方が多い結果となりました。次いで「100円均一」の回答率も高く、子育て世帯は普段使いしているドラッグストアのほか、100円均一を上手に活用していることが分かります。

Q.【キッチン(コンロ・換気扇・シンク)】の 掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。


Q.【キッチン(コンロ・換気扇・シンク)】の 掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。

(n=309 内訳:【男性】n=151、【女性】n=158)

掃除用品を購入するときに、気にしているキーワードについて各エリア別で調査しました。
まず【キッチン(コンロ・換気扇・シンク)】は「頑固な汚れが落ちる」が46.9%で最多、次いで「短時間でキレイになる」が38.5%となりました。油が蓄積しがちなキッチンでは汚れを落とすことが最優先と考える方が多いようです。

男女別に見てみると、女性の場合は「使い捨てできる」「手荒れなどを気にせず使える」の回答率も高く、汚れを落としつつも自分自身に負担がが少なくて済む要素を求めていることが分かります。

Q.【水回り(浴室・洗面所)】の掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。

Q.【水回り(浴室・洗面所)】の掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。

(n=309 内訳:【男性】n=151、【女性】n=158)

次に【水回り(浴室・洗面所)】についても【キッチン】同様に「頑固な汚れが落ちる」、「短時間でキレイになる」の順に高い傾向となりました。また男女別の傾向としては、「環境に配慮している」の回答率が女性に比べ、男性の方が高い結果となりました。

Q.【トイレ】の掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。


Q.【トイレ】の掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。

(n=309 内訳:【男性】n=151、【女性】n=158)

続いて【トイレ】の場合は、1位「頑固な汚れが落ちる」34.0%、「短時間でキレイになる」が29.5%で2位の結果となりました。汚れを落とすことに加え、時間をかけたくないという需要があるようです。

男女別の結果では、女性の場合は「キレイが長持ちする」の回答率が高く、掃除の頻度を少なくしたいと考えていることが分かります。一方で男性の場合は「デザイン性が高い」の回答が女性に比べて高い結果となりました。トイレに常備しておく掃除用具として見た目にも気を遣いたいと考えているようです。

Q.【居室(窓・網戸)】の掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。


Q.【居室(窓・網戸)】の掃除用品の購入に関して、気にしているキーワードを教えてください。

(n=309 内訳:【男性】n=151、【女性】n=158)

【居室(窓・網戸)】の場合は、1位「短時間でキレイになる」35.9%、2位「キレイが長持ちする」32.0%の順位となりました。他のエリアに比べて、集中した汚れがあるわけではないので、掃除の時間や頻度を短縮したいという需要が最も高いと言えそうです。男女別に見てみると、女性は「掃除の手順がシンプル」の回答率が高く、一方で男性は「環境に配慮している」が高くなっています。

各エリアで使用する商品を通して、女性の場合は負担やストレスを軽減する機能性を重視している一方で、男性の場合は環境への配慮や見た目などデザイン性をプラスαの要素として求めているのではないでしょうか。

Q. 各大型家電の掃除はどのようにしますか?


Q. 各大型家電の掃除はどのようにしますか?

(n=309)

掃除するのが比較的難しい大型家電についても調査しました。「自分で掃除する」がどの家電も半数以上の回答率となりました。各家電別に注目してみると、【エアコン】は「ハウスクリーニングに頼む」方が3割近くと他の家電に比べて自分自身で行うにはハードルが高いと感じている方も多いようです。また【冷蔵庫】は「特に掃除しない」の回答率が比較的高く、日々の掃除で完結している方が多い印象となりました。

新しい掃除用品を買う時の情報収集方法とは?

Q. 新しく掃除用品を購入する際にチェックするメディアを教えてください。


Q. 新しく掃除用品を購入する際にチェックするメディアを教えてください。

(n=309 内訳:【男性】n=151、【女性】n=158)

Q. SNSで情報収集していると回答した方にお聞きします。新しく掃除用品を購入する際にチェックしているSNSを教えてください。


Q. SNSで情報収集していると回答した方にお聞きします。新しく掃除用品を購入する際にチェックしているSNSを教えてください。

※「SNS」を選択した方 (n=105 内訳:【男性】n=43、【女性】n=62)

新しく掃除用具を購入する際、チェックしているメディアは「テレビ番組」が40.5%、「SNS」が34.0%という結果となりました。また男女別に見てみると、女性は「友人」「両親」と回答する方も一定数いました。テレビやSNSに加えて、周りのリアルな意見を参考にする傾向もあるようです。

さらにSNSでの情報収集を深ぼりしてみると「Instagram」の回答率が最も高い結果となりました。また「X(Twitter)」や「YouTube」も30%以上を占めており、各SNS万遍なくチェックしていることが分かります。
またチェックしている投稿は「一般人の投稿」がどのSNSも高くなっており、ここでも使用した方のリアルな意見が重視されていると言えます。

大掃除を「ハウスクリニーング業者に依頼する」割合は58.5%!選ぶ決め手やきっかけを深掘り!

さらに共働き子育て層のハウスクリーニング業者の利用実態についても詳しく調査しました。

Q. 大掃除の際にハウスクリーニング業者への依頼を検討していますか?


Q. 大掃除の際にハウスクリーニング業者への依頼を検討していますか?

(n=309)

大掃除の際、ハウスクリーニング業者への依頼を検討しているかどうかについては、「今回依頼する・検討している」の回答が58.5%と半数以上の結果となりました。忙しい共働き層にとってハウスクリーニングに頼みたいという需要は高いようです。
また「以前に使ったことがある」方の中では、「今回も依頼する・検討している」の回答率が高く、共働き子育て層において一度依頼をすると、リピート率は圧倒的に高いことが分かります。

今回依頼する予定のある方に、依頼する理由を聞いたところ、「自分でやるより綺麗になるから」「専門的な知識がないと間違って掃除すると故障に繋がりそうだから」など、専門業者の力を頼りにしている回答が多く寄せられました。
反対に、依頼する予定のない方の理由は、「費用が高い」など価格面を気にする回答が特に目立ちました。また、「他人が自宅に入ってくることに抵抗がある」などの回答も一定数みられ、特に子どもが小さい家庭では散らかっている家を見せたくなかったり、感染症を気にしていることから、利用をためらう方がいることが分かりました。

Q. ハウスクリーニング業者を選ぶときのポイントはなんですか?(最大5つまで選択可能)


Q. ハウスクリーニング業者を選ぶときのポイントはなんですか?(最大5つまで選択可能)

※「今回依頼する・検討している」を選択した方 (n=181 内訳:【男性】n=87、【女性】n=94)

Q.ハウスクリーニング業者を利用する・検討しているきっかけを教えてください。


Q.ハウスクリーニング業者を利用する・検討しているきっかけを教えてください。

※「今回依頼する・検討している」を選択した方 (n=181 内訳:【男性】n=87、【女性】n=94)

今回依頼する予定のある方に、業者を選ぶときのポイントについて調査すると、「価格の安さ」「清掃のクオリティ」「サービスの内容」「接客の丁寧さ」が上位を占める結果となりました。

男女別に注目してみると男性の1位は「価格の安さ」51.7%、女性の1位は「清掃のクオリティ」51.1%となりました。また女性は「大手の会社」「口コミの評価」と回答した方も男性に比べて多い結果となりました。男性は“価格面”を最も重視しているのに対し、女性は“サービスの質”を重視する傾向があり、またそれを測る指標として、大手の会社という安心感や実際に依頼した方の意見も検討材料にしていると言えそうです。

ハウスクリーニング業者を利用する・検討しているきっかけについては、「テレビ・CM」が32.0%で最も高く、次いで「SNSのおすすめ」が25.4%となりました。また「チラシ」の回答率も上位となっており、ハウスクリーニング利用の促進として自宅に直接届く「チラシ」は効果が高いと言えそうです。

こちらも男女別に見てみると男性は「ダイレクトメール」の回答率が高く、セグメントして送ることで女性に比べて反応がよい傾向にあります。一方で女性の場合は、「友人」の回答率が21.3%と高く、ここからも利用者の声を重視していることが読み取れます。

まとめ

  • 大掃除をするタイミングは、「12月(クリスマス以前)」と「12月(年末)」
  • 掃除する場所は「玄関」「コンロ」が特に多く、次に「換気扇」「トイレ」「浴室」
  • 掃除用品の購入は、どのエリアも共通して「ドラッグストア」が最多。次に「100円均一」「ホームセンター」
  • 掃除用品を選ぶポイントは「頑固な汚れが落ちる」「短時間でキレイになる」が多数派
    └プラスαの要素【男性】「環境に配慮している」「デザイン性が高い」、【女性】「使い捨てできる」「手荒れなどを気にせず使える」
  • 大型家電の掃除は「自分で掃除する」が多いが、エアコンは「ハウスクリーニングに頼む」方が3割近く
  • ハウスクリーニング業者の利用については、「今回依頼する・検討している」が半数以上で特にリピート率が高い。
    └選ぶポイント 【男性】「価格の安さ」、【女性】「清掃のクオリティ」
    └利用きっかけ【男性】「YouTube」「ダイレクトメール」、【女性】「友人」

ダウンロード資料のご案内

ダウンロード資料では、本記事では紹介しきれなかった、掃除分担やハウスクリーニング利用検討に関する実際のコメントなどについてもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。下記ボタンよりご請求いただけます。

調査資料ダウンロードはこちら

  • 調査対象

    25~35歳/既婚/子どもあり/正社員、公務員・団体職員/子どもの年齢0~6歳/今年の冬に大掃除をする予定と回答した方

  • 有効回答数

    309件(男性:151件、女性:158件)

  • 調査時期

    2023年10月13日~2023年10月16日

  • 方法

    インターネット調査

【開催レポート】親子で楽しめる体験型イベント「マイナビ博覧会~MY FAMILY FESTA 2023 in竹芝~ 」

2023年8月26(土)~27日(日)に、マイナビニュース・マイナビ子育てが子育て中の共働き夫婦を対象とした体験型イベントを開催いたしました!
今回はその「マイナビ博覧会~MY FAMILY FESTA 2023 in竹芝~ 」のイベントの様子などお伝えします。

 

ワークショップやセミナーステージ盛沢山の2日間!共働き592世帯が来場

「オンラインに囲まれる日常から離れ、リアルな空間で親子で遊び・学べる体験型展示会」をテーマに、子ども用品・ファミリー向け関連用品・教育関連企業などを中心に30社以上にブースを出展いただきました!
2日間で延べ592世帯/1,416名の方が来場し、ワークショップやセミナーステージ・講演会などをお子様と共に楽しんでおられました。

会場の様子

 

当日の会場MAP

会場MAP

 

各企業様がブースを設置し商品のご紹介・ママパパに向けたセミナーなどを実施いたしました。その中から、いくつかピックアップしてご紹介させていただきます。

幼児教室「ドラキッズ」

幼児教室「ドラキッズ」

株式会社小学館集英社プロダクション様のブースでは、子どもの考える力や集中力、表現力などを伸ばすため、ドラキッズの教具を使った「オリジナルのうちわづくり」の場を無料で提供!子ども達のリアルな反応を得られるワークショップになりました。

新感覚の知育おもちゃ「デジコロ」

新感覚の知育おもちゃ「デジコロ」

球型のタッチペンを使い、iPadの上で転がして遊べる新感覚の知育おもちゃ「デジコロ」。ブースに集まった子どもたちが実際にデジコロを使い、iPad上に思い思いに絵を描いていました。実際に使用してみないと伝わりづらい商品の魅力を伝えられるブースに!

「papa-dakko」を体験

「papa-dakko」を体験

パパ専用抱っこひも「papa-dakko」などを展開するブランド「papakoso」のブースでは、実際に商品を体験する機会が設けられ、ユーザーの反応を直接得ることができるブースとなりました。

上記の他にも、アメリカ発の老舗ブランド「モトローラ」では、数日前に発売されたばかりの最新折りたたみ型スマホ「motorola razr 40 ultra」を展示。東京都は写真家を招いて開催した「自分のスマホでうまく撮れる写真の撮り方講座」を開催するなど、各企業が思い思いのブースを出展されておりました。

 

お子様と一緒に楽しめるワークショップや、共働き夫婦のためのセミナーなど多数実施!

マイナビ博覧会では、お子様と一緒に楽しめるヘアアレンジのワークショップや、人気インフルエンサーを招いてのセミナーステージなど、様々な催しを開催しました。

当日のワークショップ・セミナーステージ実績

ワークショップ
タイトル 出演者/講師
簡単に可愛く!
ママと子どものためのヘアアレンジレッスン
保科真紀
(ヘアスタイリスト・クリエイティブマネージャー)
坂本美沙
(ヘアスタイリスト)
親子で楽しむふきさんの手作りおもちゃ教室 佐藤蕗(手づくりおもちゃ作家)
お魚の専門家とチリメンモンスターをさがそう&
魚の秘密がわかる“おさかなぬりえ”
茂木みかほ
(海と子どもつなぐコミュニケーター)
セミナーステージ
タイトル 出演者/講師
市井紗耶香スペシャルトークショー
〜4児の「子育て」と「働く」を楽しむ秘訣とは?〜
市井紗耶香
どうする?子どものスマホ〜親ができる安全対策 鈴木智子
(ITジャーナリスト・スマホ安全アドバイザー)
夫婦のきずなをもっと強くする
〜夫婦ミーティング実践法〜
渡邉大地
(株式会社アイナロハ代表取締役)
おむつ替え動画シリーズ、子育てモノマネなどで大人気!
子育てインフルエンサー 木下ゆーき
「子育てあるある」スペシャルトークライブ
木下ゆーき(子育てインフルエンサー)
ライフキャリアプロデューサー 岩橋ひかり×
マイナビ子育て編集長 川島輝美トークセッション
岩橋ひかり(ライフキャリアプロデューサー)
川島輝美(マイナビ子育て編集長)

 

特典引き換えブースでは子育て層へ商品を手渡し!

アンケートに答えて、希望の商品と交換できるブースも展開いたしました。それ以外にも、来場者が自由に商品を持って帰れる「ご自由にどうぞ」コーナーも設置し、来場した子育て層へ確実に商品を届けることができました。

お渡しコーナーの様子

来場者アンケートでは満足度93%!

本イベントの来場者540人にアンケートを実施したところ、93%の方が満足と回答!さらに、また参加したいと回答した方も78%と、満足度の高いイベントとなりました。

Q.今回の【MY FAMILY FESTA 2023 in竹芝】の総合的な満足度をお聞かせください。

Q.今回の【MY FAMILY FESTA 2023 in竹芝】の総合的な満足度をお聞かせください。

(n=540)

Q.また、【MY FAMILY FESTA 2023 in竹芝】(同じようなイベント)に参加したいですか?

Q.また、【MY FAMILY FESTA 2023 in竹芝】(同じようなイベント)に参加したいですか?

(n=540)

 

来場者の声を一部抜粋してご紹介

  • 親だけではなく子どもも常に楽しめ、あせあせせずゆっくり楽しめるのも魅力的でした。
  • 知らない商品やサービスの内容に触れられて良かったです。
  • 今回のような子ども向けのイベントが楽しめる場所を増やしてほしい。
  • 子どもが楽しんでました。
  • いつも使っている商品のことを知れて良かった。
  • 1歳になったら食べさせるのが楽しみになった。
  • 試飲させていただいたものが、本当に美味しかった。

参加企業の声

コロナ禍で制限されていたオフラインイベントを実施し、感じたことがあれば教えてください。

当ブランドは、購入がECに限定されているため、実際に体験いただくことでより商品認知や魅力をお伝え出来たと考えています。また、実際に消費者の方の声を聴くことができ顕在化されていないニーズの発見や、リアルなニーズの発見ができたと感じています。

 

出展に関するお問い合わせ

ご好評につき、2024年も開催予定!
「イベントについて話を聞きたい」「出展について相談したい」などご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら