大学生女子の「推し活」実態調査

「推し」への消費傾向は年代によっても様々!
若年層ならではの消費実態を紐解くため、今回は大学生にフォーカスしてアンケート調査!
社会人との違いや推しを知るきっかけなども解説していますので、若年層の推し消費に関するプロモーションのヒントとして、ぜひご覧ください。

【アイドル編】「推し消費」を牽引する沼女子の実態調査

推し消費をけん引するアイドル沼。
彼女達がどのようなマインドで購買行動を行っているのかを、アンケートと定性調査から読み解きます。
企業に求めることや、コロナ前後での消費の仕方なども解説していますので、オタク女子へのプロモーションのヒントとして、ぜひご覧ください。

【アニメ・キャラクター編】「推し消費」を牽引する沼女子の実態調査

「推し」に消費する沼女子の実態を、アンケートから徹底分析!
コロナ前とコロナ禍で変わった消費ジャンルや、沼女子の行動パターン・アイドル沼との違い等を解説していきます。
オタク女子へのプロモーションのヒントとして、ぜひご覧ください。

コロナ禍で加速!沼にハマる女性たち。沼女子(オタク女子)のインサイトとは?

コロナ禍で加速!沼にハマる女性たち。沼女子(オタク女子)のインサイトとは?

推し活キャンペーン企画

推し活キャンペーン企画について

推しとの接点が持てたり、推しとの繋がりを感じられるものに対しての購入意欲が高く、行動を起こしやすい傾向にある推し活ユーザー。
そんな彼らのインサイトにスポットライトを当てた企画をリリースしました!

資料のご請求はこちら

 

企画の流れ

貴社商材を推しへ差し入れ&ファンへのプレゼントでプロモーション!

本企画は、このような推し活ユーザーの拡散力と貴社商材を推しを介してマッチングさせ、トライアル機会の創出と商材の情報拡散が見込めるメニューとなっております。

STEP1:推しへの差し入れ

エルタマ経由で貴社商品(貴社ご提供分+コアファンによる購入分)を推し・現場スタッフへ差し入れ!差し入れ後、マイナビニュースエンタメ公式X & エルタマLPでファンへ差し入れ報告を行います。

STEP2:ファンへのプレゼント

抽選で貴社商品をファンへプレゼント!オプションでイベント会場にて配布することも可能です。

※差し入れ先からの差し入れに関する発信は義務化できかねます。
※差し入れ先を複数設けることも可能でございますので、ご希望の際はお問い合わせください。
※開場待ち、入場時でのサンプリングとなります。

 ファン心理と企画メリット 

 ファン心理と企画メリット

推し活ユーザーへのアンケート結果をご紹介

 

Q.推しに関係する商品・サービスであれば、少し高くても購入しますか? *1

Q.推しに関係する商品・サービスであれば、少し高くても購入しますか? *1

プランナーの画像

プランナー



推しに関する商品・サービスは、少し高くても購入すると回答した方が87%!物価高が続いている状況ですが、推し活の出費は削れないと回答した方は約半数となりました。

Q.推し活の出費は、削れませんか?*1

Q.推し活の出費は、削れませんか?*1

プランナーの画像

プランナー


推しの情報収集や拡散は、まだまだX(Twitter)で行うのが主流のようです。さらにグラフからは、推し活ユーザーが積極的にSNSを利用して情報を拡散する傾向もあることも読み取れますね。

Q.応援するための活動に有意義な商品・サービスだと思ったら、SNSで拡散しようと思いますか?*1

Q.応援するための活動に有意義な商品・サービスだと思ったら、SNSで拡散しようと思いますか?*1

お問い合わせについて

差し入れ先はアイドル・アニメ(声優)・舞台映画・ドラマなど時期によって様々な候補がございます。

また、差し入れ品も食品や飲料だけではなく、マッサージ器具などの体をいたわるグッズや、リラックスアイテムなど推しの役に立ちそうなものであればご相談が可能です!

「こんな商材は差し入れ品にできる?」「詳しく話を聞いてみたい」など、お気軽にお問い合わせください。

資料のご請求はこちら

 

  • アンケート概要

    *1 マイナビニュース調べ『推し活特集アンケート』

  • 調査対象

    23~39歳/全国/未婚/子どもなし/正社員、公務員・団体職員

  • 有効回答数

    300 件(20~40代の男女)

  • 調査時期

    2023年1月23日

  • 方法

    インターネット調査

オタク消費の実態とプロモーションのポイント

オタク女子を対象に実施した、消費行動に関するアンケート調査・インタビュー調査結果を公開!
お金の使い方、SNSと情報収集、推しが関わる商品に対する購買意欲、オタク向け訴求で気を付けたいポイントをまとめました。
アクティブな消費層を見出したい方、プロモーションの新しい切り口を探している方におすすめです。

推し活特集

推し活特集について

推しに惜しみなくお金を使う「推し活ユーザ」。
マイナビニュースでは、“早く・深く・熱い”エンタメ情報を発信しているため、多数の推し活ユーザーを抱えています。
また、就職情報サイト「マイナビ」からの会員移行という独自の会員構造に加え、ライフチャンネルでキャリアやお金についても情報を発信しているため、“趣味のために頑張って働く推し活ユーザー”に広くリーチをとることが可能。
本特集では、そんな推し活ユーザーにむけて推し活にオススメのアイテム・サービスとして貴社商材をご紹介します。
貴社商材のプロモーションにぜひご活用ください。

資料のご請求はこちら

 

企画概要

生活×趣味を兼ね備えるマイナビならではの特集

専門媒体ではないからこそ、趣味にお金をかけつつも、しっかり働いている社会人男女にリーチすることが可能です。

生活×趣味を兼ね備えるマイナビならではの特集

推しの情報=各専門媒体でキャッチしているため、推し活ユーザーがあつまる媒体は希少に。
仕事やお金、推しの周辺情報を得るためのマイナビニュ―スは、推し活ユーザーを広く囲っています。

 

推し活ユーザーのインサイト

推しが関わる商品に対する購買意欲*1

推しが関わる商品に対する購買意欲*1

プランナーの画像

プランナー


推しに関わる商品は、消費はジャンル問わずマストで購入する傾向に。さらに、推しに関わる商品への出費は高くても購入する層が多いことが分かります。
また、推しに会いに行くための出費もあるので、推し活ユーザーの消費は多岐にわたります。

 

購買意欲は他のジャンルにも影響*1

購買意欲は他のジャンルにも影響*1

プランナーの画像

プランナー


『推し活』の消費は推しのグッズに留まらず、洋服・靴・アクセサリー、食品・飲料収納用品や化粧品、観光など、多くの業界に広がっています。
また、マイナビユーザーの「推し活ユーザー」は、将来のお金の不安を払拭するために貯金や投資をしたり、資産運用や保険に加入したりといった取り組みも盛んです。

 

SNSは大事な情報収集源であり、ニュースメディアとうまく使い分ける傾向に。
また、良いと思ったものに関しては積極的に発信*1

SNSは大事な情報収集源であり、ニュースメディアとうまく使い分ける傾向に。
また、良いと思ったものに関しては積極的に発信*1

プランナーの画像

プランナー


情報収集はYouTube・X・LINE・Instagramが中心。ニュースメディアも情報収集に活用していることがわかります。
また情報収集するだけでなく、自ら拡散させることも抵抗なく行うことも、推し活ユーザーの特徴です。

さらに詳しいインサイトは資料をご確認ください。

資料のご請求はこちら

 

貴社の目的に応じて選べる3プランをご用意

  • 理解促進・情報接触両方重視【MAXプラン】
  • 視覚的に理解を促進【YouTubeプラン】
  • 情報接触を加速【Xプラン】

プラン概要

プラン概要

 

「推し活特集」のポイント

【Point 1】優良顧客層と新規層へのアプローチが可能

マイナビニュースでは、“早く・深く・熱い”エンタメ情報を発信しているため、多数の推し活ユーザーを抱えています。
さらに、“趣味のために頑張って働く推し活ユーザー”という新たな視点から広告を打つことで、これまでは出会えなかった新規層を獲得することが可能です。

 

【Point 2】推し活ユーザーに欠かせない2大SNSから選べるプラン

商品への興味喚起・認知拡大を行うタイアップ記事にプラスし、推し活ユーザーに向けてリーチしながら、視覚的に理解度を深めるYouTubeプランと、推し活ユーザーに向けてさらに情報接触を加速させるXプランをご用意しました。

 

【Point 3】SNSでのリーチをパッケージ化し通常より“お得”に

情報収集を主にYouTube・Xで行う「推し活ユーザー」に向けて、YouTube・ Xでのリーチをパッケージ化したことで、通常で組み合わせるよりもお得に実施が可能です。

 

お問い合わせについて

「どんなプロモーションが可能か聞いてみたい」「自社商材が出稿可能か聞きたい」など、どんな些細な疑問やご相談でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

資料のご請求はこちら

 

  • アンケート概要

    *1 マイナビニュース調べ『推し活特集アンケート』

  • 調査対象

    20~40代の男女

  • 有効回答数

    300 件

  • 調査時期

    2023年1月23日

  • 方法

    インターネット調査

オタク消費の実態調査!沼女子インタビュー

アイドル沼&舞台沼&歴史沼にハマるオタク女子「沼女子」を大解剖!バッグの中身やおうちアイテムを見せてもらい、オタク消費を解き明かしてみました。
こだわりの品を写真付きで紹介!全国各地を飛び回る理由や、推しに対する「お金」の本音をインタビューしました。

沼女子プロフィール

沼女子プロフィール

沼女子のバッグの中身

推しカラーの小物・ファンクラブの会員証・遠征用ホテルのポイントカード・ファンレターやオタ友への御礼用封筒

東北仙台から九州大分まで各地を観光

推しを学ぶためのノートとペン・歴史書・クリアファイル・推しに関するご当地グッズ

お部屋の沼女子アイテム

 サイズから探した本棚・必需品のDVDプレイヤー

 

歴史書・旅行のパンフレット・ご当地グッズ・推しの刀の鍔(つば)のレプリカ

 うちわ・写真・クリアファイル・カード・双眼鏡

メンバーカラーのチョコレート

沼女子と推しとお金 ~節約できない光熱費~

最後に、こんなことを聞くのはあれなんですが……。皆さんにとって、「食費」と「推し活のお金」ってどちらが大切ですか?

沼女子全員:推し活です!!!

即答ですね!

アイドル沼H美:推しに関するものだと、金額の0が一つ少なく見えてしまうんですよね……。売上が気になるので、CDやDVDはたくさん買いたいですし、また載って欲しいので雑誌も片っ端から買います。ファンの勝手なんですが、長くCMをして欲しいから、できるだけその企業の商品を買おうと思っています。推しに関するお金は、光熱費と同じくらい欠かせないもので、金額が跳ね上がってもなかなか節約できないんですよね。お金が足りないなら、またお仕事頑張ろうって感じです!

沼女子消費まとめ

今回のインタビューで明らかになった、沼女子の推しに対する熱量!「推しのためには消費を惜しまない」そんな彼女たちの実態が見えました。
その消費は推しのグッズだけに留まらず、グッズを保管するためのインテリア用品、推しと同じ体験をするための旅行や観光など、多岐に渡ります。
推しカラーなど、商品やサービスの特徴が思いがけない形で沼女子の心を掴むこともあるようです。

マイナビニュースでは、そんな推しへの消費意欲が高い沼女子へのアプローチにぴったりな「推し活特集」を展開しています。
推し活ユーザーをターゲットとしたプロモーションもお気軽にご相談ください!

特集資料のご案内はこちら

【2020年調査】10代女子のオタク率は86%まで上昇中!?高校生と大学生のオタ活消費金額の高いジャンルを比較!

昨今、オタ活という言葉を聞く機会が多くなったのではないでしょうか?最近では「オタク=個性」と捉えられる傾向にあり、様々なジャンルや属性が存在しています。

今回は、オタク属性ごとの志向性など今までは表層的にしか捉えることができなかったオタ活実態や意識について調査を行いました。(前回記事はこちら

Q.あなたは、自分自身が何かしらのオタクであると思いますか?

Q.あなたは、自分自身が何かしらのオタクであると思いますか?

自身が何かしらのオタクと思っている10代女子は全体の86%となっており、属性別でみると大学生の方がやや高い傾向にありました。。

高校生と大学生の違いとして、高校生=集団行動・大学生=少人数や個別行動が主な生活環境になると思いますので、その点で周りを気にせずに、より自分の好きなことに打ち込める大学生の方が自身がオタクであると実感しているのだと思われます。

Q.あなたはどんなジャンルのオタクですか?

Q.あなたはどんなジャンルのオタクですか?

全体で見ると「ジャニオタ」が46%と最も高く、続いて「俳優・女優オタ」「アーティストオタ」「K-POPオタ」という結果になりました。

高校生の方が各ジャンルのスコアが高いことから、推しをかけもちしている人が多いのかもしれません。

ジャンル別でみると「ジャニオタ」率は全体的に高いですが、大学生の率合がより高い傾向にありました。大学生は時間や金銭面でも自由度が高くなるため、オタ活ができるフィールドが多い(ライブやグッズ、ショップ、商品など幅広い購買接点がある)ジャニオタになりやすいのかもしれません。

ここからは全体と大学生・高校生の属性に加えて、先程のジャンル別に出した各オタク属性も踏まえて、各アンケート項目の回答結果をご覧いただきたいと思います!

Q.あなたは現在どのようなオタ活をしていますか?

Q.あなたは現在どのようなオタ活をしていますか?

主なオタ活内容としては「推しの映像を見る」「SNSで情報収集をする」「推しのグッズを買う」が上位を占めており、いずれも高校生の方が活発的に行なっているようです。

高校生はSNSでの情報収集や発信を上手く利用しながらオタ活を行っており、自身の推しに対して積極的にコミュニケーション(「いいね・コメントなど」)を図ろうとしている印象です。

加えて、「推しの誕生日を祝う」「推しのオリジナルグッズを作る」などの創作活動に関するスコアも高くなっており、オタ活という分野においてもきちんと自己表現を行っていることが高校生の特徴であるように思えます。

Q.あなたは何故オタ活を行っていますか?

「オタクジャンルがヒト」である人ベース

Q.あなたは何故オタ活を行っていますか?

オタ活を行っている理由として目立つのは、「推しを応援したいから」「癒やされるから」の2点。

結果から見えてくるのは、推しを追いかけていたい気持ちは強いが、自分を認知してほしかったり、恋をしていたいということではないということ。分別ある見方をしている10代女子が多いことがわかりました。

オタクジャンル別で見ると、LDHオタの推しを応援したい気持ちが100%の回答結果で特に気持ちが強いことがわかります。また、ジャニオタやアーティストオタは「ストレス発散」が高い傾向にありました。

Q.「自分は〇〇推しである」と打ち明けることにどの程度抵抗がありますか?

Q.「自分は〇〇推しである」と打ち明けることにどの程度抵抗がありますか?

オタクであると自覚している10代女子は86%もいましたが、他者に「自分が○○オタクである」と打ち明けられるかどうかは、相手によって抵抗感が分かれる結果となりました。

特に抵抗がない相手は「仲の良い友人」や「家族」と身近な人には打ち明けられる結果でした。

一方で「好きな人」「クラスメイト」「バイト・仕事仲間「インスタ(リアアカ)のフォロワー」」はやや抵抗を感じているようです。好きな人に関しては、オタクであることがきっかけで嫌われたくないという思いがあるのかもしれません。また、クライスメイト・バイト仲間・フォロワーなどは、あまり親しくない関係性の人も含まれているため、言いづらいようです。

こちらでは掲載できませんでしたが、オタクジャンル別でも抵抗感が異なり、オープンなオタク活動を行えるジャンルとクローズドに活動しているオタクのジャンルがあることがわかりました!

※資料ダウンロードでは、全オタクジャンル別の抵抗感を見ることができます

Q.オタクアカウントからのインスタ投稿で、よく使っているハッシュタグは何ですか?

Q.オタクアカウントからのインスタ投稿で、よく使っているハッシュタグは何ですか?

最も多いものはグループや推しの名称でしたが、次点では「#~と繋がりたい」が多くみられました。「#〇〇好きな人と繋がりたい」は俳優オタやアーティストオタ、「#(ファン名)と繋がりたい」はアイドルオタに多く使われている傾向にあるようです。

またその他にも、「#推しのいる生活」「#推しが尊い」「#推ししか勝たん」といったハッシュタグも良く利用されているようでした。

Q.自粛前と後での、1ヶ月あたりのオタ活に使っている金額を教えてください。

Q.自粛前と後での、1ヶ月あたりのオタ活に使っている金額を教えてください。

コロナ自粛にともない、自粛前と比較するとイベントやショッピングの機会が減っておりますが、オタ活市場においては自粛前(4月以前)と自粛後(6月以降)では1ヶ月あたりに費やす金額にどの程度変化があったのでしょうか。

全体で見ると平均費用は自粛前で10,894円、自粛明け後は7,433円と約3,500円ほど低下しています。

高校生と大学生の比較では、自粛前・後ともに大学生の方が1ヶ月に掛ける費用は高い傾向にあります。

大学生の自粛後の平均費用は自粛前と比較して約8,000円も下落しており、オタ活市場にも打撃があったことがわかります。(お金を使う機会が減ったことと収入源も少なくなったことが影響しているのではと考えます。)

またオタクジャンル別で最も費用をかけているのは、自粛前では「ジャニオタ」と「俳優・女優オタ」が平均1万円超えでしたが、自粛後では「ジャニオタ」の9,034円が最も高い平均費用になっています。

自粛前と後で唯一費用UPしたのは「K-POPオタ」でした。これは仮説になりますが、6月末にプレデビューし、デジタルミニアルバム「Make you happy」が話題となっている『NiziU』の影響によるものである可能性が高いと思われます。

Q.あなたは「オタク」と「ヲタク」どっち派ですか?

Q.あなたは「オタク」と「ヲタク」どっち派ですか?

「オタク」と「ヲタク」では、一体どんな意味の違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、明確な違いはないようです。

回答結果を見ても、全体では若干「オタク」が多いですが、大きな違いがあるとは思えません。

オタクジャンル別に見ると、ジャニオタが「ヲタク派」であり、K-POPオタやLDHオタ・坂道オタが「オタク派」であることがわかりました。

まとめ

  • 自身がオタクであると自覚がある10代女子は86%にも及ぶ
  • オタクといっても様々なジャンルがあり、特に「ジャニオタ」「俳優・女優オタ」「アーティストオタ」が多い
  • オタク活動は主に「映像」や「SNS」を通して行っている
  • 特に高校生は情報感度が高く、トレンド性が高い「俳優・女優オタ」「アーティストオタ」が多い
  • オタク活動の源泉は「推しを応援したい」「ストレス発散」
  • 自身が〇〇オタクと打ち明ける抵抗がない人は身近な人。ただし、好きな人には慎重になりやすい
  • オタク活動の平均費用は自粛前で10,894円、自粛明け後は7,433円と約3,500円ほど低下
  • 自粛前と自粛後では、全体的にオタク活動費用は下がったが、依然として「ジャニオタ」が最も費用をかけている

今回の調査では、自身がオタクであると自覚している10代女子が非常に多いことがわかり、我々が考えている以上にオタク活動が浸透しているのだと思わされました。

さらに、10代女子は自粛後でも月に約7,000円もオタク活動費用にかけており、その他飲食費・通信費・コスメ代など考えると非常に高い比率で費用がかけれられていることも知れました。

  • ダウンロード資料のご案内

    本記事では、ご紹介しきれなかった各設問に全オタクジャンルごとの回答結果など、より細かな設問と回答を掲載しております。詳しく知りたい方は、以下のボタンから確認することができます!ぜひご覧ください。

ダウンロードはこちら

【調査概要】

対象:13-19歳のマイナビティーンズ女性会員
調査期間:2020.07.202020.07.27
調査方法:インターネット調査
回答数:276件(中学生16件、高校生185件、大学生69件、フリーターなど6件)